陰陽干支(性格,判断):Topページへ

うし年(丑年)の性格判断とは

うし年(丑年)の性格判断とは

うし年(丑年)の性格判断とは

うし年(丑年)の性格判断とは、うし年(丑年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。


うし年(丑年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらのうし年(丑年)の性格判断を読まれるとなぜ、うしが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


うし年(丑年)は、ねずみ年(子年)の次の干支になります。ねずみ年(子年)が小さな誕生とするならば、うし年(丑年)は、少しでも前を歩もうとする姿を現している干支です。世の中で生きて行くためには、たとえ、体は遅くても前へ歩んでいかなければなりません。それは、まさに赤ちゃんが、よつんばいになって歩く様な姿です。万民に最も分かりやすい姿として選ばれたのが、うしになるのです。

うしが走って動く姿はあまりみかけませんよね。どちらかと言えば、ゆっくりと歩く姿をイメージするのが多いのではないでしょうか。

人の成長で現すならば、1歳から2歳ぐらいの幼児です。四つん這いになって歩いたり、よろよろですが、少しでも立ち上がり、前へ歩こうとする様な姿です。


うし年に丑と言う字が当てられているのは、確実にしっかりと前に進む意味の、確実やしっかりさを現す文字として当てられています。紐(ひも)、などにも丑と言う字が扱われています。うし年(丑年)は、赤ちゃんや幼児が少しでも確実に前へ進もうとする姿です。


私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格がうし年(丑年)の性格判断における性格になります。


○うし年(丑年)の性格判断の基本的な特徴

うし(丑)


うし年(丑年)の性格判断とは、うしの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

うし年(丑年)は、少しでも前進しようと思う中には、確実に前へ進もうと思う心理が現れやすくなります。うし年(丑年)の性格は、前へ進もうと思う気持ちと同時に確実性を求める傾向にもあるのです。

人は、何かしら確実な事を知るためには、どの様な行動を取ると思われるでしょうか?確実な事を知るためには、何かしらの確かな情報を集めようとしますよね。うし年(丑年)の人の基本的な性格の特徴の中には、説明書などを好み、何かしらを説明する思いが現れやすくなるのです。

うし年(丑年)の人は、同年代の友達が多くできる可能性を持ち合わせています。確実な情報を知っている友達から確実な説明を聞きたい思いもあれば、その内容は、確実に前へ進めれるとして人に話したい思いも現れやすくなるためです。

物事の仕組みに興味を抱きやすくなるため、確実に答えが現れる数学などを好む人も多く現れやすくなります。

ねずみ年(子年)の人も数字が得意な傾向にありますが、ねずみ年(子年)は、お金を稼ぐ目的の数字でありまして、うし年(丑年)は、計算式などの仕組みです。

うし年(丑年)の性格は、こつこつと前へ進む努力家です。ただし、柔軟性に欠ける姿もありまして、頑固になりやすい特徴も隠されています。


○うし年(丑年)の性格に最適な職業の傾向

うし年(丑年)の職業


うし年(丑年)の性格に適切な職業は、実は、最も適切な仕事と言うのはありません。全ての仕事は、確実に遂行させ、前へ進め確実に結果を出さなければならないためです。

敢えて、うし年(丑年)の性格に適切な職業を言うのであれば、プログラマーや開発部などで働く姿と言えるかもしれません。プログラムは、仕組みによって成り立っている物でありまして、開発なども仕組みを必要とするからです。

最適な職業の傾向ではありませんが、職業としては、うし年(丑年)の人は上司から好まれる傾向にあります。

理解しようとする姿勢、分かりやすく説明してくれる部下は、頼れる存在になりやすくなるためです。しっかりと仕事に取り組み安心をして仕事を任せれる特徴も持ち合わせています。

干支の性格判断は、陽に傾きやすい傾向と、陰に傾きやすい傾向があります。うし年(丑年)の性格は、頑固であり、確実性を求めるため、陰に傾きやすい性格の持ち主です。

干支の性格判断は、陽の傾向が高い次の干支は、陰の傾向が強い干支として、交互に入れ替わる特徴もあります。

うし年(丑年)の性格は、まじめであり、特に問題を引き起こす様な姿はあまりありません。ただし、それは、外から固く固めた様な姿でありまして、その様に見えているに過ぎないのです。

自分自身が納得できない内容については、ある程度、陰の固さで我慢をする事はできますが、割り切る事はできず、我慢にも限界が現れやすくなります。

理不尽な会社や上司がいる場合におきましては、自身が納得するまで転職を繰り返す可能性も高まるのです。



○うし年(丑年)の性格に現れやすい言動

うし年(丑年)の言動


うし年(丑年)の性格はこの様な性格であるため、何かしらの仕組みについての説明事を話す場合が多く現れやすくなります。

本人は理解しているため、相手も理解してくれていると思われている中で、永遠と話し続ける姿が現れやすくなります。他の聞いている人にとっては、何を話しているのか分からず、話しが重たくなってくる場合もあるでしょう。

男性も女性も刺激のある様な、恋愛上手ではありません。刺激のある変化を求める傾向よりも、確実に安定のある姿を求める傾向にもあるためです。

石橋を叩いて渡る様に、うし年(丑年)の性格は確実性を求めるため、自分自身に意識が集まりやすく、他の人を評価する様な言葉が少なくなってしまう可能性も高まります。



○うし年(丑年)の性格における相性とは

eto_tokei2


うし年の性格における干支の性格判断とは、陰陽が作り出した姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、お互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、陰陽のバランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば青い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として黄色い三角で紹介させていただきます。


うし年(丑年)の良い相性とは、図でも現れている様に、へび年(巳年)とり年(酉年)です。へび年(巳年)は、実際の動物でもあるへびにも最高の毒がある様に、最高の姿を求める傾向にあります。へび年(巳年)が感じる最高の仕組みや考えは、うし年(丑年)の知りたい仕組みを満足させてくれる可能性も高まります。

とり年(酉年)は、白黒をはっきりとして分けて判断したい思いが強まりやすい傾向にあります。うし年(丑年)が抱く、説明や少しでも前へ進もうとする思いは、正しい判断として評価を与えてくれるでしょう。

うし年(丑年)の相性が悪いのは、反対の干支に当たる ひつじ年(未年)、いのしし年(猪年)、うさぎ年(兎年)になります。

ひつじ年(未年)は、汚い物を避けて自身にとって綺麗な姿を好む傾向にあります。うし年(丑年)が前へ進もうとする思いが強いに対して、ひつじ年(未年)は、その反対の避ける思いが現れやすくなるのです。前へ進もうとするうしに対して、そっちは汚いからヤダ!と言っている様な姿です。

いのしし年(亥、猪年)は、心の境界線が曖昧で、他人の思いも自身の思いの様に感じる姿が長けています。良くも悪くも柔軟性のある思いを抱きやすいのです。柔軟性の無いうし年(丑年)の性格に我慢する事ができなくなってしまう可能性も高まります。

うさぎ年(兎年)は、文化的、品のある様な話しを好む傾向にあります。品のある話しをする事で、人の関心を集め、弱々しい姿を守ってもらいたい思いが高まりやすいためです。品と関わりの無い、説明に対する話しに対して興味を抱くはずはありません。



○うし年(丑年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。


陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。

本来の干支は、十二支では無く、五行を合わせた60の性格になるのです。60歳になれば、一周を現す還暦と言う言葉もあります。

五行を加えた、うし年(丑年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)うし年の火生まれの性格は、ねずみ年に火の影響受けた性格です。基本的に、うし年の人は、真面目な性格を持ち合わせている傾向が高いですが、この火生まれの性格は少し違います。興奮する事を好む傾向が高いため、何かしらの意地悪を行いやすい傾向も高まります。

意地悪をして相手の顔を見て楽しむのでは無く、自分自身が考えた仕組みが成功をするかの楽しみです。他のうし年よりも、抑える陰が弱く、陽が強いため、短気になりやすいかもしれません。直ぐに噴火する火山の様な姿です。周りから見ると、二面性を持ち合わせている様に映る場合もあるでしょう。


(水)うし年の水生まれの性格は、水には、様々な物に溶け込む姿を持ち合わせています。うし年の水生まれも同じく、様々な場所に溶け込みやすい性格を持ち合わせています。そのため、仕事も真面目でありまして、他のうし年よりも上司から信頼を得やすい姿もあります。

ただし、水は様々な場所へ流れる姿もあります。留まる事に対して、それほど重要視していないため、多少でも自分自身の計画に沿わない内容であれば、転職を繰り返す可能性も高まりやすくなります。


(木)うし年の木生まれの性格は、現状の姿だけでは満足できず、木は成長する様に更なる成長を求める傾向にあります。他のうし年と比べれば、一歩ずつ前進するのでは無く、三歩ずつ前進する様な姿と呼べるかもしれません。世の中の仕組みを様々な知る中では、秀才になれる可能性もあるでしょう。

木の要素には、枯れる要素があります。多くの木々は、枯れてもやげて花を咲かせます。一度、くじけても、確実に立ち上がる姿も持ち合わせています。木は創造を現す姿でもありまして、新しい物を開発する開発部などの仕事が向います。

一般的にうし年の人の性格は、身を着飾る事にそれほど興味を抱きません。木は、自然を現し、自然には様々な形をした姿を持ち合わせています。うし年の木生まれの性格は、仕組みのみならず、形にもこだわりを持ち合わせてやすくなるでしょう。


(金)うし年の金生まれの性格は、うし年の金生まれは、干支の中でも最も陰の要素が強く、頑固な性格になりやすい傾向があります。十干で示すならば、最も陰の要素が強いのは弟になりまして、うし年の金弟と呼ばれる人が最も固い姿になります。

仕事におきましては、ミスを犯す事はほとんどないでしょう。石橋を叩いて歩くのでは無く、鉄橋を叩いて歩く姿です。確実性が最も強いため、信頼できる一面もありますが、頑固な性格になりやすい姿も持ち合わせています。妥協を許さない職人さんの様な姿です。

うし年に限らず、偏りすぎる五行の性格は、体のバランスを崩し病気になりやすい特徴があります。病気にならない様に注意を心がけなければなりません。


(土)うし年の土生まれの性格は、最も真面目な性格です。真面目と言うのは、時代によってその定義に変化が現れてくる場合もありますが、土とは、植物を繁栄させる力のある陽と、水をせき止める力のある陰の力を持ち合わせています。うし年の性格である、前へ進むと確実を合わせれば、言われた事をたんたんと進めてくれる姿になるでしょう。

将棋で言えば、前へしか進めない歩の様な姿です。特に問題を引き起こす事も無いため、少しでも前へ進む姿は、やがて将棋の金に変わる可能性もあります。アリとキリギリスの話で言えば、正に蟻の様な姿です。実際の蟻も土地を掘り出したり(陽)土を固めたり(陰)していますよね。


○うし年(丑年)の性格判断のまとめ

うし年(丑年)性格判断 まとめ

うし年(丑年)の性格は、少しでも前へ歩む姿を現した干支です。その事で精一杯であるため、頑固(陰)になりやすい特徴もあります。

始まりの干支ほど、生命力が弱く、自身に意識が集まりやすくなります。そのため、うし年(丑年)も同じく、自身が前へ進む事で頭が一杯になりやすくもなるのです。

うし年の抑える陰は、精神的なエネルギーの一種です。ただし、精神と体も陰陽の様に、お互い影響を与え合っています。うし年(丑年)の人の表情は、陰の働きによって、顔に変化が現れにくくなりやすい姿もあります。

ただし、抑えすぎたエネルギーは、突如、爆発して、違った表情を見せる場合もあります。その姿は、周りからみれば意外な姿として映るかもしれません。え?あの人が?どうして?と言う様な印象です。

耳を傾ければ、理解をしなくても、話している仕組みや理由について聞くだけで、そのエネルギーを開放させてあげる事もできるでしょう。

うし年の人は、ぜひ、この陰陽の仕組みについて学んでみるのをお勧めします。うし年の人であれば、この仕組について理解できる人も他の干支の人達よりは、多い可能性もあるためです。

プログラムの知識を理解できる人であるならば、干支の仕組みも容易に理解する事ができます。陰を0、陽を1として考え、全ては陰陽でなりなっていると考えれば、それは、正に、1と0だけのプログラムによって世の中が成り立っていると判断する事もできるためです。

ぜひ、この仕組につきましても、知りたい欲求を持ち合わせていただければと思います。

反対の干支に当たるひつじ年(未年)は、汚い姿を避ける思いが芽生えやすくなります。うし年(丑年)は、逆に 少しでも確実に前へ進もうとします。 この姿がうし年(丑年)と ひつじ年(羊年)の陰陽の違いにおける相反する思いになるのです。前進おける反対となる避ける姿です。

私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いひつじ年(未年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断


格安!霊能力者への霊視相談情報


→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?




格安!霊能力者への霊視相談情報





他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング



うし年(丑年)の性格判断とは

静香 at 14:44│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談