陰陽干支(性格,判断):Topページへ

うま年(午年)の性格判断とは

うま年(午年)の性格判断とは

うま年(午年)の性格判断とは

うま年(午年)の性格判断とは、うま年(午年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

うま年(午年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。


干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらのうま年(午年)の性格判断を読まれるとなぜ うまが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


うま年(午年)は、最高の思いを感じる事に長けているへび年(巳年)の次の干支、7番目に当たる干支になります。人の成長で現すならば、学ぶ意欲を最高に感じた後は、実際に様々な事を自ら学び始めようとする小学1年生当たり、6歳から7歳ぐらいの年齢辺りです。様々な内容を学ぶ意欲で一杯です。

うま年(午年)は、正午と言う時にも扱われている様に、干支の中で最も生命力を強く感じやすい干支になるのです。

私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格が うま年(午年)の性格判断における性格になります。

○うま年(午年)の性格判断の基本的な特徴

うま(午)


うま年(午年)の性格判断とは、うまの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

なぜ?動物のうまが選ばれたのでしょうか。うま年(午年)は、外見上で干支の中でも最高の生命力を持ち合わせている干支です。力強い干支の動物は他にもいます。とらやたつの方が力が強い様にも思われるでしょう。

干支の動物は、分かりやすく無学の庶民に分かる様に、古代、選ばれた動物たちです。古代の人達は、現代みたいに写真も無く、実際にとらやたつの存在がどの様な姿か分からなかった場合もあるでしょう。うまは、実際に見た人も多く、その走る姿は、力のある姿として映っていたとも考えれます。

当時の時代における力のある象徴が、動物の馬なのです。現在に至っては馬力と言う言葉もあるぐらいです。うま年(午年)の性格判断は、心のエネルギーを持ち合わせ、何かしらの行動を行いたい衝動を抱えやすくなります。

有り余る心のエネルギーは、あれもしたい、これもしたいと言う様な思いを抱きやすくなります。時には興味のある姿がいろいろ変わったり、実際に行動を起こしやすくなるため、周りが付いていけなくなる可能性も高まります。頭で考えて行動するよりも、心の思うままに行動を起こす、正に自由人を現す性格の持ち主です。

午という字は、もちを付く、杵を現している字とも言われています。杵は、高く上げて下に下げる様に道具を扱います。力強く上まで上げなければなりません。その力を現す文字として言われる場合もあります。

又、牛に角が無い姿だとも言う説もあるのです。

私自身、有力だと感じている説があります。干支の干は、少ないを現す一の陰と、多いを現す十の陽を現している漢字です。午と言う字は、一の陰に、傾きである/が付いています。頂上まで上がれば(陽)は、やがて、下り(陰)の方へ傾き始める姿を現している説です。午=陽はやがて陰へと傾くと言う意味です。

この様な事から、うま年(午年)の性格判断の基本的な特徴は、大きなエネルギーを持ち合わせていますが、力が溢れる余り、その力が障害となる可能性も高まります。衰え始める姿も持ち合わせているのです。


○うま年(午年)の性格に最適な職業の傾向

うま年(午年)の職業

うま年(午年)の最適な職業は、旅行関係や、貿易関係などのお仕事です。様々な場所に足を運ぶ事ができまして、うま年(午年)の心を満たしてくれるはずです。

干支の中でも抑える力である陰の反対の陽の力が最も強いため、固い仕事などは向いていません。変化の激しい芸能界などもお勧めです。体力にも自身があるため、体力を必要とする芸能界で生きて行く事もできるでしょう。

俳優業などは、様々な姿を演じる事もできるため、うま(午年)の心を必ず満たしてくれるはずです。

うま年(午年)の性格は、人と接する姿にも興味を抱きやすくなります。様々な人との出会いは、様々な姿を知る中で、うま年(午年)の人が抱えやすい、様々な世界を知りたい欲求を満たしてくれるためです。ただし、自身の興味の無い話しに対しては、無理に話しを聞く姿などは現れません。

あれもしたい、これもしたい思いは、職業に就くのに安定しなくなってしまう可能性も高まります。

特に、うま年(午年)にとって最適なスポーツと言えば、サッカーになるでしょう。サッカーボールは、あちらこちらに飛んで行きます。常に走り続けなければなりません。チームプレーが大切なスポーツですが、野球などの様に深く考える必要性は無く、個人で行える範囲を多く持ち合わせているためです。

コツコツ行う仕事などは、向いていません。心のエネルギーが高まる中では、そのエネルギーを開放させたい不満が現れやすくなるためです。俳優業を初め、旅行関係などのお仕事も、全てのうま年(午年)の人が、仕事として就きたくても必ず就ける様な職業ではありません。

コツコツ行う仕事としてのデスクワークなどよりも、体を使っての営業職や、バーなどの接客業などもお勧めの職業です。


○うま年(午年)の性格に現れやすい言動

うま年(午年)の言動



うま年(午年)の人は、自身に興味の無い話しは、無理にでも関心を示す姿はほとんどありません。無理に関心を示す態度を示しているのであれば、自身に興味のある方向へ関心を向いている方が心が満たされやすくなるためです。

うま年(午年)は、様々な姿に興味を示しやすいため、それ何?何について話しているの?と聞いてくる事はあるかもしれません。ただし、興味が無いと分かれば、直ぐに顔を違う方向へ向け、興味のある場所へ足を運ぶ姿も多く現れやすくなります。

人の成長とは、理性を発達させていく事にあります。理性とは、本能を抑制させる陰の要素を育てて行く様な姿です。抑えを現す陰の働きが弱く、興奮を起こす陽が最も強いうま年(午年)は、まるで、純粋な子供の様な姿です。

うま年(午年)の性格に現れやすい言動は、他の干支の人達から見れば、まるで子供の様な言動が多く現れる可能性も持ち合わせています。


○うま年(午年)おける相性とは

ねずみ年 相性

うま年の性格における干支の性格判断とは、干支が現す陰陽の姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、気が合わなくお互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、バランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば赤い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として青い三角で紹介させていただきます。


うま年(午年)の良い相性とは、図でも現れている様に、とら年(寅年)と いぬ年(戌年)です。とら年(寅年)も陽の働きが強く、陰の抑える要素が弱いため、本能を抑えて深く考える事を苦手とします。注目を浴びるためには、ファションや考えもコロコロと変わる可能性も持ち合わせています。うま年(午年)の自由気ままに行動をする自由精神に共感できる一面を持ち合わせているのです。

いぬ年(戌年)は、一つに尽くす思いが強く、人と接すのを好む傾向にあります。うま年(午年)も様々な人と接する事の好む傾向にあります。人と接する目的における抱えてる思いには違いがありますが、人と接する意味では相性が良くなりやすい姿があるのです。

午年の午と言う字は、やがて陰(一)が傾く姿も現しています。うま年(午年)の人が転がりそうになれば、いぬ年(戌年)は、そこは危険だよと、わんわん、と注意を促してくれるかもしれません。

うま年(午年)、とら年(寅年)、いぬ年(戌年)に共通する相性は、外向的で人を好む相性です。とら年(寅年)の抱えやすい注目されたい思いは、注目をする人を必要とします。


うま年(午年)の相性が悪いのは、反対の干支にあたる ねずみ年(子年)、たつ年(辰年)、さる年(申年)です。

ねずみ年(子年)は、うま年(午年)と反対に位置する干支です。潜在的に、自身の生命力が弱いと感じやすい姿を持ち合わせています。うま年(午年)が様々な場所へ足を運ぶ姿に、ついていけるはずがありません。うま年(午年)は、変化を求める傾向がありますが、ねずみ年(子年)は安定を求める傾向にあるのです。

ねずみ年(子年)が貯めたお金を、うま年(午年)が様々な場所に足を運ぶために使い切る可能性も高まるでしょう。

たつ年(辰年)は、天に昇る様に、真っ直ぐ高く目的に歩みたい思いを持ち合わせやすくなります。ころころと目標が変わる うま年(午年)についていけるはずがありません。

さる年(申年)は、権威や権利などによって人をコントロールしたい思いを抱きやすくなる干支です。コントロールしたくても、ころころと変化するうま年(午年)に対してコントロールできない姿に不満を抱えやすくなります。

分かりやすくイメージすれば、人(猿)が、暴れ馬に乗っている様な姿です。

○うま年(午年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行



干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。

陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。



五行を加えた、うま年(午年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)うま年の火生まれの性格は、火の陽の影響によって、うま年(午年)のみならず、全ての干支の中でも最も抑える力が弱く、興奮させる力の強い性格になりやすい傾向があります。馬に羽をつけたユニコーンの様な姿です。あちらこちら走り回る姿はもちろんの事、疲れを感じる姿がありません。

周りの干支の人達から見れば、その姿はまるで太陽そのものです。存在しているだけで、力強いオーラーを感じさられる場合もあるでしょう。うま年の火生まれの性格は、抑える陰の要素が最も弱いため、もちろん良い姿ばかりではありません。我がままな性格は、組織を崩壊へと導いてしまう可能性も持ち合わせています。

余談ですが、体を陰陽に分けると、男性は陽、女性は陰として現されます。体と心は、陰陽の関係です。心においては、陰陽が逆転します。男性の心は陰に傾きやすく、女性の心は陽に傾きやすい傾向があるのです。

つまり、うま年の火生まれの性格におきまして、女性は、男性と比べると心が陽に傾きやすく、うま年の火生まれの女性は、最も陽の強い性格の持ち主になります。古代におきましては、うま年の火生まれの女性は五人の男性を殺すとも言われていたほどです。

古代におきましては、娯楽も少なく、有り余る心のエネルギーが普段の生活では開放されにくい姿もあったでしょう。現代におきましては、忌み嫌われる存在ではありません。現代は、エネルギーを開放させるための娯楽がたくさんありますよね。 ただし、専業主婦には向いていません。うま年の火生まれの性格を持つ奥さんが、外で働きたいと言えば、働かせてあげるのが大切です。そうしなければ、有り余るエネルギーは、浮気や不倫を起こしてしまいかねません。


(水)うま年の水生まれの性格は、水の性質が現れやすくなります。水の影響のため、多少、落ち着いて行動を起こす事ができる性格です。水は、あらゆる生命に大切な成分です。様々な場所に興味を抱くのでは無く、様々な人に興味を抱きやすくなるでしょう。

水は、冷たいイメージがありまして、冷静な考えを持ち合わせやすくなります。行動力と思考力を多少持ち合わせている中では、何事も成功を収めやすい可能性も高まりやすくなります。

(木)うま年の木生まれの性格は、木の特徴である高いや創造などを現す性質を持ち合わせています。目標となる場所も遠くの場所に憧れを抱きやすく、実際に、行動を移す可能性も高まります。国内旅行するよりも、海外旅行に憧れる様な姿です。

一般的にうま年(午年)の人は、心のエネルギーが強く、自身の事にしか意識が高まりにくい傾向にあります。ただし、うま年の木生まれの性格は、違います。木は、動物たちに実を与える力を持ち合わせています。うま年の木生まれの性格も同じく、自身の力を他者へ分け与える思いが芽生えやすくなります。

ただし、心的エネルギーが高いため、与えようとする内容と、求める内容における価値観がズレてしまう可能性もあるため注意も必要です。人のために行っている内容が、人のためになっていない場合も起きやすくなるでしょう。

木は、高い姿の象徴です。太陽が高い場所で輝く様に、高い場所へ立ちたい思いも持ち合わせやすくなるのです。

うま年(午年)の人に限らず、木は、創造を現す姿も持ち合わせています。そのため、木生まれの人は、芸術的なセンスに恵まれている可能性も高まります。




(金)うま年の金生まれの性格は、五行の中でも最も陰の要素が強い鉱物の性格です。うま年の中でも頑固な一面を持ち合わせています。へび年の様に他人の意見を聞かず、自分自身の考えを重要視します。

遊園地に行きたいと言っていたのが、遊園地は嫌で水族館に行きたいとだだをこねる子供の様な姿です。遊園地の方が楽しいよと言っても、頑固であるため、水族館でなきゃだめだと言うかもしれません。

金生まれの人の性格は、頑固であるため、悪いイメージを持たれる場合もあります。頑固を良い言葉で現すならば、信念のある持ち主とも呼べるのです。うま年の中では、最も抑える陽の力が強いため、心に変化も現れにくい姿もあります。太陽の様に大きなエネルギーを持ちながら、抑える姿を多少持ち合わせている力は、何かしらの成功者になれる可能性も高く持ち合わせているでしょう。


(土)うま年の土生まれの性格は、陰と陽の性格を半分づつ持ち合わせている傾向になります。うま年の中でも真面目な性格です。土の要素とは、大地を繁栄させる陽と、川などをせき止める固い要素の陰を現しています。このバランスと言うのは、大地や川などのみならず、様々な場所で大切な要素になるのです。

うま年の土生まれの性格の持ち主が親となった場合、家族を引っ張る様な頼れる太陽として、家族を引っ張っていくでしょう。

大地を繁栄させる陽や、川をせき止める力の陰は、様々な生命に欠かせない要素です。うま年の土生まれの性格は、人付き合いが良くなる可能性も高く、生きる力を人々に与える力もあります。ただ、ただ輝く太陽では無く、実際に、力を与える太陽の様な存在です。




○うま年(午年)の性格判断のまとめ

うま年(午年)性格判断 まとめ

うま年(午年)は干支の中でも、最も生命力の強い干支です。陰の抑える要素が弱いため、疲れを知らない、遊び足りない子供の様な姿が大人になっても持ち続けやすくなります。

人の手と足は二本しかありません。あちらこちらに行く姿に、周りの干支の人から見れば飽き性だと思われる場合もあるでしょう。

仮に、タコの様に手足が沢山あれば、心のエネルギーが溢れ余っているため、一度に様々な事を成し遂げる姿も現れるかもしれません。

陰の要素が弱いと言う事は、陰の要素である相手との距離を保つよりも、陽の要素である相手に近寄りたい思いが高まりやすくもなるのです。異性を問わず、近づきすぎる姿は、馴れ馴れしい姿として映ってしまうかもしれません。

抑える力の弱い陰の要素は、笑顔になりやすい特徴もあれば、不愉快さが顔に現れやすい姿も現れやすくなります。嘘をつく姿も苦手であるため、太陽の様に人々に陽のエネルギーを与える力も持ち合わせています。

反対の干支に当たる、ねずみ年(子年)は、子と言う字が扱われている様に小さな生命力を意識しやすい傾向にあります。逆に、うま年(午年)は、生命力が強く、様々な活動を行いたい思いが芽生えやすくなるのです。生命力に対して、弱い強い、の相反する思いが陰陽の差として現れているのです。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪い ねずみ年(子年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断


格安!霊能力者への霊視相談情報



私が紹介している陰陽干支は、あくまでも万人に共通するベースとなる基本的な性格です。その性格は、生きている間に様々な影響を与え、各々の性格が形成されていく事になります。各々における悩み事は霊視ができる占い師(霊能力者)に相談をされるのが最適です。以下の先生方は、私以上の霊感の高い選ばれた先生方です。

以下の先生方は、業界の中でも霊感が高く名高い先生方です。もちろん、私以上に霊感が高く、霊視の力によって、様々な悩み事に対して対応されています。

そのため、口コミでも当たると評判になっている場合もよくあります。

占い師と言う肩書きで活動されていますが、普通の占い師では無く、霊視ができる霊能力者と言った方が分かりやすいかもしれません。

自身の心の内や、好きな相手の心の中など恋愛事などを初め、様々な事が言い当てられる事で驚かれる事もあります。信頼の高い霊能力者の先生方です。

○以下の先生方は、人気の高い先生方であるため鑑定中が多くあります。そのため、直ぐに相談に応じてもらえるか分かりませんが、

悩みを抱えている場合におきまして、悩み事を解決されたい場合など参考にしていただければ幸いです。





伯泉先生

眞文先生

アネク先生


◎上記の先生は、占いサイト、ヴェルニに所属されていまして霊視によって相談に応じてくれる人気の先生です。

悩みを抱えている方への上記の先生へは こちらから




美愛先生


◎上記の先生は、占いサイト、ピュアリに所属されていまして霊視によって相談に応じてくれる人気の先生です。

悩みを抱えている方への上記の先生へはこちらから 悩みを解決に導く
電話占いピュアリ☆





香桜先生

貞心先生

櫻井撫子先生


◎上記の先生は以下のサイトに所属されています。以下のサイトは、霊視による専門性が強く、初めての方でも霊視占いが利用しやすいサイトです。


電話占いウィル ズバリと言い当てる霊感霊視・未来予知




格安!霊能力者への霊視相談情報





他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング


うま年(午年)の性格判断とは

静香 at 14:35│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字