陰陽干支(性格,判断):Topページへ

とり年(酉年)の性格判断とは

とり年(酉年)の性格判断とは

とり年(酉年)の性格判断とは

とり年(酉年)の性格判断とは、とり年(酉年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

とり年(酉年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらの とり年(酉年)の性格判断を読まれるとなぜ、とりが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。



干支の本当の意味における真実とは



とり年(酉年)は、人に指示を与えたい思いが高まりやすい干支のさる年(申年)の次の干支に当たる、10番目の干支です。さる年(申年)が組織を作り、指示を与える姿だとするならば、次は、社会全体にとって良い姿か悪い姿か判断を行わなければなりません。

人の成長で現すならば、9歳から10歳ぐらいに当たる小学4年生ぐらいの性格です。全体にとって、正しい姿と正しくない姿の判断ができる様になる様な姿です。社会に対する関心事などに興味を抱きやすくもなります。

白黒と判断するためには、全体を見渡す必要性があります。全体を見渡すためには、高い位置が望ましく、その姿として選ばれた動物がとりです。




酉という字は、酒壺を現している姿だと言われています。収穫した物をお酒に変えれる姿から、実ると言う意味もあります。お酒に変えるためには、果物を良い物と悪い物に分ける必要性があります。そのため、酉がとりとして当てられる事になったのではないでしょうか。


私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格が とり年(酉年)の性格判断における性格になります。


○とり年(酉年)の性格判断の基本的な特徴

とり(酉)
とり年(酉年)の性格判断とは、とりの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

実は、とり年のとりとは、空高く飛び上がる鳥では無く、飛べない鳥として有名なニワトリを現していうるのです。なぜ、ニワトリなのかはわかりません。

白黒と判断をつけたい思いは、身の回りの出来事であり、決して、空高く全体を見渡す姿では無い姿だと現している可能性もあります。

ニワトリそのものが、食べれる食材であるため、食べごろと、食べごろでは無い白黒を判断する姿かもしれません。

とり年(酉年)の性格判断が、白黒と分けたい衝動を持つ理由は、とり年(酉年)は、干支で言えば、上と下の中央に来ます。中央は、どちらに付けば良いのか分からなくなる姿が現れやすくなるのです。

反対の干支である、うさぎ年(兎年)も同じ様な白黒に関わる様な姿を持ち合わせています。

白黒とはっきり境界線を付けたい思いは、様々な場所で力を発揮します。曖昧さが嫌いでありまして、必要と不必要な思いは、整理整頓が行き届きやすく、曖昧な答えが現れにくい数字にも強くなりやすい傾向が高まるのです。身なりも整っている姿が現れやすくもなるでしょう。


○とり年(酉年)の性格に最適な職業の傾向

とり年(酉年)の職業


とり年(酉年)の性格に適切な職業は、白黒をはっきりさせる計算が得意になりやすい傾向があるため、経理の仕事などに向いています。白黒はっきりさせなければならない姿には、弁護士などの職業にも向いています。

白黒はっきりとさせる議論なども好む傾向があるため、政治家などの仕事などにも興味を抱きやすい可能性が高まります。

議論には会話が付き物です。会話を好むため、営業やセールス、接客業などにも力を発揮させてくれるでしょう。ただし、頑固になりやすく、自身の正論を一方的に押し付ける姿には注意をしなければなりません。

全体を見渡せる場所を好む姿もあります。簡単になれる姿ではありませんが、芸能人や社長など、沢山の人達が集まり、多くの人を見渡す事ができる様な仕事なども心を満たしてくれるでしょう。

仕分けなども好む傾向が高く、検品や運送業などもお勧めです。文系的よりも、答えを一つとして導く様な理系のお仕事を好む傾向があります。

理系的な考えを持ち合わせやすい、とり年(酉年)ですが、中には絵の才能などの芸術的な力を発揮される場合もあります。絵とは、必要な要素と不必要な要素を考えながら、形づけていきます。とり年(酉年)の白黒と判断をしたい思いを満たす事ができるためです。

消去法などによって、白黒と判断をしていく姿は、結果的には素晴らしい姿としての姿しか残らない場合も起きやすくなります。

白黒と判断するためには、判断するために様々な知識を吸収しなければなりません。とり年(酉年)の性格は、この様な姿を持ち合わせているため、頭が賢くなりやすい傾向があります。



○とり年(酉年)の性格に現れやすい言動

とり年(酉年)の言動


とり年(酉年)の性格は、白黒とはっきりつけたい思いから、それ!間違っている!私(俺)の言っている事!正しいでしょ!と言う様な言葉が現れやすくなります。

あいつはダメだ!あれはできる人間など、人を選別する様な言葉も現れやすくなるかもしれません。

あくまでも傾向として、とり年(酉年)の人は目立つ事が好きです。目立てば、人の関心を集め、人が多く集まり人を見渡す事ができる様になるためです。人の関心を集める様な態度や言動が現れやすくなる場合もあります。

白黒をはっきりと決めたい思いは、逆に言えば、曖昧な姿が苦手と受け止める事もできるでしょう。そのため、だしない服装の人に対しては、だらしないと言う様な言動も多くなる可能性も高まります。

○とり年(酉年)の性格における相性とは

eto_tokei2


とり年(酉年)の性格における干支の性格判断とは、陰陽が作り出した姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、お互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、陰陽のバランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば青い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として黄色い三角で紹介させていただきます。


とり年(酉年)の良い相性とは、図でも現れている様に、うし年(丑年)とへび年(巳年)です。

うし年(丑年)は、確実な姿を求め、確実に前へ進む思いを抱きやすい傾向にあります。確実である姿と確実で無い姿は、とり年(酉年)の白黒付けたい思いを満たしてくれるのです。

へび年(巳年)は、最高の思いを感じる事に長けています。最高の状態と最高では無い姿として、とり年(酉年)の白黒付けたい思いを満たしやすくなります。


とり年(酉年)の相性が悪いのは、反対の干支に当たる。うさぎ年(兎年)、ひつじ年(未年)、いのしし年(猪年)です。

うさぎ年(兎年)も白黒の影響を受けている干支ですが、白とは興味を示し、黒とは不安を現す白黒です。子供が両親から少し離れて遊んでいる様な姿です。不安を抱えやすいため、不安を和らげるために、人を求める傾向が高まります。人を集める手段が品のある会話なのです。

とり年が好む会話が理系的な会話、うさぎ年(兎年)が好む会話は文系的な会話と言えるかもしれません。もちろん、話しが合うはずはありません。人を排除してしまう様な議論などは、うさぎ年(兎年)にとって、人を遠ざけたり傷ついてしまう可能性も高まります。黒と言われてしまうかもしれない不安を抱える姿も持ち合わせているでしょう。

ひつじ年(未年)もとり年(酉年)の様に、白黒と分け、黒を排除したい思いを抱きやすくなります。この黒とは、真っ白な姿が腐り始めた様な小さな黒です。綺麗好きであるため、とり年(酉年)との相性が良いと思われる場合もあります。

ただし、ひつじ年(未年)は、自身の手先が腐り始める様な恐怖心から、潔癖症になりやすく、自身の欲求を満たすために浪費癖も高まりやすい姿があります。そのため、その姿に対して、とり年(酉年)は、白では無く、黒と判断を行い、良くない姿として評価してしまう可能性も高まります。相性はよくありません。

いのしし年(亥、猪年)は、心における他人との境界線が薄く、他人の事も自身の事の様に感じる姿に長けています。人を白黒と判断を行い、人の気持を考えず人を排除する姿に許せない気持ちが現れやすくなります。



○とり年(酉年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。


陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。



五行を加えた、とり年(酉年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)とり年の火生まれの性格は、火の要素を影響で興奮状態を引き起こしやすく、口調がきつくなる可能性が高まります。様々な姿に対して気になり、様々な姿に対して口を挟む可能性が高まります。ご近所話しであれば、あそこの人は性格が悪い、あそこの人は良いよね。などなどの、話しです。

火の影響は、行動力も高まりやすく、実際に全体を見渡す事ができる政治家や芸能人、発言力のある様な地位に憧れる可能性も高まります。


(水)とり年の水生まれの性格は、柔軟性があり、冷静に物事の判断が行える性格の持ち主です。水と言うのは、液体や個体、時には水蒸気と変わる性質があります。自分自身の考えに変化を持たす事ができるのです。正しい思いでも、必ずそれが正しい姿ではありません。人から様々な話しを聞く中で、正しいと思っている内容にも変化が生まれ、それを受け入れる思いを持ち合わせています。

とり年(酉年)は、もともと頭が賢くなりやすい傾向があります。その様な中で、柔軟性のある姿は多くの人から受け入れやすく、世渡り上手になりやすい可能性も高まります。



(木)とり年の木生まれの性格は、木は実をつけ動物に与える力がある様に、人々に対して働きを与える思いを持ち合わせやすくなります。そのため、黒の姿を白に変える力も持ち合わせています。ただ、悪い良いの評価では無く、人を悟らせて良き方向へ導く様な姿です。罪を犯した人に、善を悟らせる様なイメージと言えば分かりややすいかもしれません。

頭も賢いため、学校の先生などに向いている性格です。ただし、木は、高いと言うイメージも持ち合わせています。成長して上を目指したい思いと、下の物に手を差し伸べたい思いの中で、葛藤を抱えやすくなるかもしれません。


(金)とり年の金生まれの性格は、固い陰の要素で頑固な性格になりやすい姿があります。固い漢字には、囲まれた姿と古い姿があります。とり年の金生まれは、周りが見えず、独自の価値観で物事を評価してしまう可能性が高まります。古い考えに縛られてしまう可能性もあるでしょう。

ただし、固い陰は、妥協を許さない姿として評価を受ける場合もあります。経理などの計算は、間違いなく計算をしてくれる可能性も高まります。妥協を許さない白黒と分ける思いは、秀でた才能が発揮される可能性もあります。ただし、完璧主義になりやすく、その枠から外れると、強いストレスを生じやすくなるため注意も必要です。

これも、ただし、あまりにも白黒における頑固な意志は、整理整頓が行き届く中で、多少、ズレているだけでも気になり、生活に支障を来してしまう場合も現れやすくなります。妥協ができないため、化粧や、身なりを整える時間に時間を費やしてしまう可能性も高まります。

(土)とり年の土生まれの性格は、土の性格が現れやすい姿です。土生まれの人は、陰と陽を半分づつ持ち合わせているため、バランス感覚に優れやすい姿を持ち合わせています。

土は、大地を繁栄させる陽と、防波堤など固い建造物に使う土としての陰です。白黒と付けたい思いとは、自身に対して、家族に対して、など様々な白黒の付け方があります。土生まれの人は、大地を現す様に、全体にとって良い評価を求めやすくもなるのです。

とり年の人は、白黒と人を切り捨てるイメージとして冷たい人、悪い人と見られてしまう場合がありますが、とり年の土生まれの性格は、多くの人からその評価を受けやすく、人々から愛されやすい性格を持ち合わせているのです。

ただし、とり年(酉年)特有のプライドの高い思いは持ち合わせています。

○とり年(酉年)の性格判断のまとめ

とり年(酉年)性格破断 まとめ

とり年(酉年)の性格は、白黒とはっきりと決めたい思いが現れやすい姿をしています。一見、社会的に不適格なイメージがありますが、よくよく考えれば、世の中の多くは、白黒とはっきりと分かれている姿がほとんどです。

男と女、生と死、分裂と統合、など様々な姿があります。

この様に考えれば、この世を創造した創造主は、とりの様に高い天に姿を置き、白と黒に分けながらこの世を創造していると考えると、もしかすれば、実際に地球に自然を作り出している創造主は、とり年(酉年)かもしれません。不適格では無い姿も現れてくるのではないでしょうか。

1/fのゆらぎと言う言葉をご存知でしょうか?1/fのゆらぎとは、人が心地よいと感じる事ができるゆらぎです。このゆらぎは、期待性と意外性のバランスだと言われています。

お笑いなどは、期待通りの内容ばかりではつまらない内容になります。意外性ばかりだと、話しがついていけない姿が現れやすくなります。このバランスが重要だと言われているのです。

お笑いのみならず、音楽を含め、あらゆる姿に対して1/fのゆらぎは大切だと言われています。白黒と意識が高まりやすいとり年(酉年)は、様々な分野で才能を発揮できる潜在的な力を持ち合わせているのです。形にこだわる様な完璧主義になりいやすいため、成功者として収まる方が多いのではないでしょうか。

スピリチュアルな視点で言えば、とり年(酉年)が高い場所へ憧れるのは、高い場所に立って才能の発揮を行い、多くの人の手本になる様な使命を持ち合わせているからかもしれません。


反対の干支である、うさぎ年(兎年)は、人に差を設けずに多くの人を側に集めたい思いが現れやすくなります。多くの人を集めて、淋しい思いや自身の不安な心を埋めて欲しい思いが高まりやすい傾向にあるのです。白黒と判断を行う、とり年(酉年)は、人を選別してしまう可能性が高まります。選別する選別しないにおける、反対の干支としての陰陽の差を持ち合わせています。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いひつじ年(未年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断





→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?







他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング




他の干支のリンク

○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。
とり年(酉年)の性格判断とは

静香 at 14:34│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談