陰陽干支(性格,判断):Topページへ

たつ年(辰年)の性格判断とは

たつ年(辰年)の性格判断とは

たつ年(辰年)の性格判断とは

たつ年(辰年)の性格判断とは、たつ年(辰年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

たつ年(辰年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。


干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらのたつ年(辰年)の性格判断を読まれるとなぜ たつが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


たつ年(辰年)は、幼児が親の目が届く範囲で不安を抱えながら遊ぶ本能が現れやすい、うさぎ年(兎年)の次の干支、5番目に当たる干支になります。次の干支は、両親がいなくても一人で行動を取る事ができる年になります。一人で目的の場所に足を運ぶ事ができる干支として選ばれたのが、たつになるのです。ご近所のスーパーなどであれば、一人で買物に出かける事ができる4歳から5歳ぐらいの幼児ぐらいの姿です。

たつ年(辰年)の辰が選ばれた理由は、定かではありませんが、辰には形が整うという意味があります。形が整う姿とは、正に、頭が真上にあり、真っ直ぐに、ピンと張った様な姿です。その姿は、正に空創造の龍の様な姿です。分かりやすくイメージするために、空創造の動物である龍が選ばれました。

ただし、たつ年(辰年)の性格には、現実に満足できず、空想の様な上の姿を求める傾向があります。この様に考えれば、先に龍がありまして、後に辰が選ばれたと考える事もできます。

元となる干支は、農業の時期を分かりやすく把握するために発展して来たとも言われています。農作物の草木がしっかりと立つ姿、辰と言う字が先に現れと考えるのが正当かもしれません。全ては、陰陽で成りなっていますので、現在は、どちらも同じ陰陽の仕組みに合う姿として判断する事もできます。


私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格が たつ年(辰年)の性格判断における性格になります。


○たつ年(辰年)の性格判断の基本的な特徴

たつ(辰)


たつ年(辰年)の性格判断とは、たつの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

辰の姿とは、頂点にいる様な姿として描かれるのでは無く、龍が天に昇る姿として描かれる様子も数多くあります。たつ年(辰年)の性格判断の基本的な特徴とは、目的に向かって一直線に進む本能を抱えやすい姿なのです。

そのため、たつ年(辰年)の性格は、実際に頂点に憧れるのでは無く、実際に努力を積み重ねながら歩もうとする力を持ち合わせています。辰年の龍は、干支の中で唯一、現実に存在しない動物です。現実に達成できる姿では満足できず、それ以上を求める傾向も現れやすくなるのです。

真っ直ぐ目標に向かって歩もうと努力を積み重ねるのが、たつ年(辰年)の基本的な性格になります。


○たつ年(辰年)の性格に最適な職業の傾向

たつ年(辰年)の職業


たつ年(辰年)の性格に適切な職業は、現状には満足できない職業です。自身を成長させてくれる職業として、企業の社長や、スポーツ選手、独立して個人で事業を立ち上げる方法などもお勧めです。

たつ年(辰年)の性格に適切な職業は、逆に言えば、手を取り合って物事を成し遂げるよりは、自身の力を率先させて引っ張りたい思いを持ち合わせやすくなります。リーダ的な責任のあるポストでのお仕事についても力を発揮させてくれるでしょう。

精神と体は、お互い影響を与えています。たつ年(辰年)のエネルギーとは、体にも影響を与えながら成長をして行く姿も隠されているのです。体つきが他の干支よりも、しっかりとした肉体になりやすい傾向もありまして、体力を必要とするお仕事などもお勧めです。



○たつ年(辰年)の性格に現れやすい言動

たつ年(辰年)の言動


たつ年(辰年)の性格は、努力する姿も多く、自身を成長させようとする思いが高いため、頑張る様な言動が多く現れやすい姿があります。

ただし、社会とは必ずしも、自身を成長させてくれる様な姿ばかりではありません。社会の多くは、ピラミッド型の構造をしています。誰しもが、高い位置へと足を運ぶ事ができる訳ではありません。そのため、たつ年(辰年)の人は、現状の姿に不満を抱きやすくもなるのです。その結果、何かしらの愚痴が多く現れやすくなる可能性も持ち合わせています。

空想上にある辰として描かれる龍の多くは、頭がでかく、手が小さい姿をしています。周りを蹴散らしてでも天へ昇ろうとする思いも持ち合わせているのです。そのため、人に対する言葉よりも、自分に対する言動が多く現れやすい姿も隠されています。

○たつ年(辰年)における相性とは

ねずみ年 相性

たつ年年の性格における干支の性格判断とは、干支が現す陰陽の姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、気が合わなくお互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、バランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば青い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として赤い三角で紹介させていただきます。


たつ年(辰年)の良い相性とは、図でも現れている様に、ねずみ年(子年)と さる年(申年)です。ねずみ年(子年)は、命を守るために欠かせないお金が大好きです。高い位置を目指す、たつ年(辰年)は、地位も高くなりやすく、収入面でもねずみ年(子年)の思いを満たしやすくなります。たつ年(辰年)の人は、努力する事に時間を費やすため、金遣いが荒いわけでも無く、ねずみ年(子年)と共感しながら歩んで行く事ができます。

さる年(申年)も高い位置を求める傾向にありますが、人に指図をしたりコントロールするための手段としての高い位置です。そのためには、敢えて、たつ年(辰年)に高い位置を譲る思いも持ち合わせています。さる年(申年)を社長とするならば、たつ年(辰年)の人は、タレント事務所に所属をするタレントの様な姿です。監督と選手の様な間柄とも呼べるかもしれません。

さる年(申年)は、人をコントロールする事を好むため、たつ(辰年)を天へと導く様に働きを与えてくれる可能性も持ち合わせています。相性は良いとされています。


たつ年(辰年)の相性が悪いのは、反対の干支にあたる いぬ年(戌年)、とら年(寅年)、うま年(午年)です。

いぬ年(戌年)は、力を分け与える思いも強く、人に尽くすのが大好きです。住宅を壊しながら、自分自身の事しか考えず、周りを蹴散らしてでも、天へ上がろうとする龍の姿に我慢する事ができません。

とら年(寅年)は、周りから注目される姿を好みます。周りを気にしていなくても高い位置へ昇るたつ年(辰年)は、秀でた姿に周りから注目を受けやすい位置に高まります。良くも悪くも人の意識が、たつ年(辰年)に集まりやすく、とら年(寅年)にとっては不満を抱えやすくなるのです。

うま年(午年)は、力が溢れているため、様々な場所へ足を運びたい自由人です。目標も曖昧になりやすく、たつ年(辰年)が目標にしている姿にも目を止めず、自由気ままにころころと変わる姿と、一直線に目標ヘ向かう姿に、お互い葛藤を抱えやすくなるでしょう。

○たつ年(辰年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行



干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。

陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。



五行を加えた、たつ年(辰年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)たつ年の火生まれの性格は、陽の影響によって、たつ年(辰年)の中でもたつ年の本能が強く現れやすい傾向にあります。抑える陰の要素が弱いため、突き進もうと思う思いは周りの意見を聞く事は無いでしょう。危険を顧みず、ロッククライミングを行うチャレンジャーの様な姿です。

頂点ばかりに意識が高まりやすく、周りの姿が見えなくなる可能性もありまして、コケてしまう可能性も高まるため、注意も必要です。上から目線で物事を見てしまう傾向も高まります。


(水)たつ年の水生まれの性格は、水の性質が現れやすくなります。水は柔軟性がありまして、たつ年の水生まれの性格は、川を駆け上がる龍の様な存在です。川には、落ち着いた流れの川もあれば、荒々しい姿をした流れの川もあります。

たつ年の水生まれの性格は、目標までの道筋を、上手く考えながら駆け昇る事ができるのです。例えば、目標に到達するには、何が足りなくて、何を伸ばせば良いのかなどしっかりと考える力です。目標に達するためには、回り道をする事に対して、妥協をする精神を持ち合わせている姿です。

ただし、水は冷たい姿を持ち合わせています。この妥協とはあくまでも、自身に対しての妥協でありまして、人を傷つける結果になろうとも、目標へ歩む姿は変わる事はありません。


(木)たつ年の木生まれの性格は、木の特徴である成長や創造が現れやすい特徴があります。木は様々な場所に枝を伸ばす姿があります。たつ年の木生まれの性格は、目標が一つと限らず、同時にいくつもの目標に向かって歩もうとする思いが現れやすくなります。

趣味とは言うのは、自身を新たに創造させる力があります。たつ年の木生まれの性格は、様々な趣味を持つ中で、自らを創造させ、全ての分野においてトップを目指そうと思う心理が働きやすくなります。

たつ年の性格は、一般的に、周りを蹴散らしでも目標に向かって歩もうと思う思いが高まりやすくなります。たつ年の木生まれの性格に至っては、木が実をつけて動物に与える様に、人のために尽くす思いを持ち合わせやすくなるのです。

たつ年の木生まれの性格は、正に、下の物に意識が届くリーダー的な存在です。リーダーは、それぞれ性格が違う下の物の事について考え、趣味などに対する知識に対しても興味を抱く必要性もあるでしょう。それができるのが、たつ年の木生まれの性格と言っても過言ではありません。

ただし、木には枯れる要素もあるため、無理をするのは禁物です。


(金)たつ年の金生まれの性格は、五行の中でも最も陰の要素が強い鉱物の性格です。陰は、重たいや遅い、固いなどを現す象徴です。たつ年の金生まれの性格は、たとえ遅くても、うし年(丑年)の様に、前へ前へと進もうとする思いが現れやすくなります。

一日に単語を数個覚えたり、忙しい時でも少しでも時間に余裕があれば、前へと進もうとする思いです。

たつ年の金生まれの性格に限らず、金生まれの人は頑固になりやすい傾向があります。目標を一点にしか集中する事ができにくいたつ年(辰年)×頑固な性格は、亭主関白の様な姿にもなりかねません。俺(私)の言う事が聞けないの?の性格は、後々、人間関係において歪が生じやすくなるため注意が必要です。

(土)たつ年の土生まれの性格は、陰と陽の性格を半分づつ持ち合わせている傾向になります。土は、大地を繁栄させる力があると同時に、川をせき止めるための堤防としての役割も持ち合わせます。生きて行く人達には欠かせない姿です。

たつ年の土生まれの性格は、他の五行と比べると嫌われる存在ではありません。トップを目指す目標も、世の中の繁栄に繋がる思いを持ち合わせやすくなります。憧れる様な職業があるとするならば、政治家などの職業です。

たつ年の木生まれの性格と少し似ている姿を持ち合わせていますが、木生まれは人と直接、接する姿として、土生まれの性格は、間接的に人に影響を与えたい思いの違いです。大胆さの違いとも言えるかもしれません。


○たつ年(辰年)の性格判断のまとめ

たつ年(辰年)性格判断 まとめ

たつ年(辰年)は、目標に対して歩む意識が高まりやすい干支です。そのため、努力家になりやすい姿なども隠されています。

ただし、ここでの努力とは、世間一般的に言われている様な、勉強に対する努力や体を鍛えるだけの努力とは限りません。目標に掲げる姿は、社会が決めるのでは無く、各々の個人が決める姿だからです。

人の体と心は、陰陽の関係です。陰陽はお互い影響を与えていると言われています。干支のエネルギーは体に影響を与えるのです。高い場所を求める思いは、自然と下の物に対して上から目線で見てしまう思いが現れやすくなります。その結果、目の筋肉が頻繁に扱われる事で、目が少しつり上がった様な姿にもなりやすくなります。

たつ年(辰年)の人にとって、矛盾を抱えやすい姿があります。それは、ダイエットです。ダイエットをすれば、体は弱々しい姿になりかねません。そもそも、たつ年(辰年)の人が力を求めるのは、目標に達するには、力強い肉体を必要とすると思ってしまうためです。

力強い肉体を求める本能と、ダイエットを行おうとする努力をしたい本能が、矛盾を起こし、葛藤を抱えやすくなります。干支の中でもダイエットに失敗をしてしまう可能性の高い干支だと言えるでしょうか。

たつ年(辰年)の人で、ダイエットに成功をしている人は、とてつもなく意志の強い人です。本能に打ち勝ち、干支としての自分の信念を曲げない思いを持ち合わせています。


たつ年(辰年)の人は、龍は手が小さく、へび年(巳年)と同じく、人に対する配慮や人のために行動を起こすのを苦手とします。自分の行動を第一優先的に考える干支です。たつ年(辰年)、へび年(巳年)に限らず、うま年(午年)の干支に近い干支ほど、自分の行動を第一優先的に考えやすい傾向があります。

周りに人がいてこそ、目標に達成する事ができる姿に気づかば、現状以上の空想かもしれない場所まで、龍の様に昇り届く事ができる様になれるかもしれません。

反対の干支に当たるいぬ年(いぬ年)は、人に尽くす思いを強く持ち合わせている傾向にあります。たつ年(辰年)は、周りにかまわず目標に歩みたい思いを抱きやすい傾向にあります。 この姿がたつ年(辰年)と いぬ年(戌年)の陰陽の違いにおける相反する思いになるのです。周りを支えると、障害となる様な周りを壊すの違いと言えるでしょうか。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いいぬ年(戌年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断





→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?







他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング


たつ年(辰年)の性格判断とは

静香 at 14:41│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談