陰陽干支(性格,判断):Topページへ

ねずみ年(子年)の性格判断とは

ねずみ年(子年)の性格判断とは

ねずみ年(子年)の性格判断とは

ねずみ年(子年)の性格判断とは、ねずみ年(子年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。
ねずみ年(子年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。


干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらのねずみ年(子年)の性格判断を読まれるとなぜ ねずみが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


物事には、必ず始まりがあります。物事の始まりの多くは、小さな姿を現しています。古代の人は無学の人も多くいまして、陰陽(干支)の仕組みを分かりやすく伝えるために、選ばれた動物がねずみです。ねずみ年とは、子年と書かれる場合もあります。子は、子供、原子、精子、卵子など、小さな姿を表現する場合によく使われている文字です。

人の成長で現すならば、0歳から1歳ぐらいの赤ちゃんです。母親の愛情を100パーセント必要とする様な姿です。支えられたい思いを持ちあわせやすくなるでしょう。

私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格がねずみ年(子年)の性格判断における性格になります。


○ねずみ年(子年)の性格判断の基本的な特徴

ねずみ(子)

ねずみ年(子年)の性格判断とは、ねずみの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

小さな命とは、命を守るので精一杯ですよね。それはまるで赤ちゃんの様な姿です。ねずみ年の人が集団行動を好むと言われるのは、母親の様に支えられたい思いが高まりやすいためです。一人では出来ない事も、集団であれば、生きて行く力を築きあげれる場合もあります。そこで干支の動物として選ばれたのが、ねずみです。

実際の動物であるねずみも集団で行動する場合も多くあります。

ただし、ねずみ年(子年)の性格は、集団を好む傾向にありますが、基本的に命を捨ててでも集団を守る行為に走る事はありません。集団が弱まれば、自身にも危機感を感じ、直ぐに逃げてしまう場合もよくある話しです。

ねずみ年(子年)の性格は、お金を好むと言われる場合もあります。実際の動物であるねずみは、お金を使って買い物をする訳ではありませんよね。ねずみ年(子年)の性格がお金を好むと言われている理由は、お金は生命を守るためにとても大切な物だからです。

ねずみ年(子年)の性格はお金が大好きですが、お金を使う事が好きでは無く、いざと言う時のお金が大好きなのです。そのため、しっかりと貯金をしている姿も多くありまして、無駄な出費などには神経質になる場合もあります。

中には、家計簿をしっかりと付けている人も多いかもしれません。


○ねずみ年(子年)の性格に最適な職業の傾向

1koumuin

ねずみ年(子年)の性格に適切な職業は、公務員と呼べるでしょう。公務員は、会社の倒産するリスクも少なく、職を失う可能性はほとんどありません。お金におきましても、毎月、計算された収入が入ってくるため、将来設計がしやすい特徴もありますよね。

生命が小さく感じやすいため、努力家になりやすい傾向もあります。一般的な企業に就職してもある一定の地位に高く就く場合もあります。権威や権力などに憧れるのでは無く、お金を多く収入が得れるのはもちろんの事、高い地位は、よっぽどの事がない限り捨てられる可能性が低くなるためです。リストラに遭う可能性も低くなりますよね。

干支の性格判断は、陽に傾きやすい傾向と、陰に傾きやすい傾向があります。ねずみ年(子年)の性格は、小さなを現すため、少ないの陰だと思われる場合もありますが、始まりや誕生を現す陽の傾向が強い姿になります。小さな陽の誕生と言えるかもしれません。

干支の性格判断は、陽の傾向が高い次の干支は、陰の傾向が強い干支として、交互に入れ替わる特徴もあります。

○ねずみ年(子年)の性格に現れやすい言動

1hatugen

ねずみ年(子年)はこの様な性格であるため、お金にまつわる話しが多くなります。それって、生活に必要?それって無駄でしょう!と言う言葉も多くなるかもしれません。

命を守る思いは、何もお金だけではありませんよね。健康に対して意識が高まりやすくなるため、健康に関わる話しも多くなりやすい特徴も隠されています。

命を守る思いは、目立った行動を控えようとする思いが芽生えやすく、おとなしそうに見える場合もありますが、命に危機感を感じやすい心は、ストレスを抱えやすく、感情的な発言も現れやすくなるのです。

守りたい思いは、ある決まった計画的な思考を考えやすくもなります。この様な考えを持ち合わせ、この様な行動を取れば安全だ!と言う様な思いです。ただし、その計画に反する姿が現れれば、命に危機感を感じ、焦る中で、発言に対して感情的になりやすくなるのです。

ねずみ年(子年)の人は、老後と言う言葉も頻繁に現れやすくなるかもしれません。もしも、奥さんがねずみ年の人である場合、旦那さんの給料が少ないと、あなた!老後!どうなるのか分かっているの!? 子供に対しては、老後のために、今からしっかりと貯金をしておきなさいと言う言葉も現れやすくなるでしょう。


○ねずみ年(子年)における相性とは

ねずみ年 相性

ねずみ年の性格における干支の性格判断とは、干支が現す陰陽の姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、気が合わなくお互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、バランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば青い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として赤い三角で紹介させていただきます。


ねずみ年(子年)の良い相性とは、図でも現れている様に、たつ年(辰年)さる年(申年)です。たつ年(辰年)は、目的に向かって一直線に向かいたい思いを持ち合わせやすい傾向にあります。高い位置も好む傾向にありまして、ねずみ年(子年)人を高い位置へと歩ませ、お金が稼げる場所に足を運ばさせてくれます。力のある場所は、安全な場所としての一面もありますよね。

さる年(申年)は、権力を行使するのを好む傾向にあります。社長など高い位置を好む傾向にありまして、ねずみ年(子年)にとってこれも同じく、安全な場所へ導いてくれる可能性も高まります。又、行使をするのを好む傾向は、ねずみ年(子年)へお小遣いを与えてくれるかもしれません。

ねずみ年(子年)の相性が悪いのは、反対の干支にあたる うま年(午年)、とら年(寅年)、いぬ年(戌年)になります。

うま年(午年)は、最も生命力が強く感じる干支です。集団よりも個人行動を好む傾向にあります。生命力が強いため、あれもこれもしたい思いは、ねずみ年(子年)が老後に貯めたお金も使い切ってしまうでしょう。

とら年(寅年)は、注目されたい思いが強く、ファッションなどにもお金をかける傾向にあります。又、新しい物は注目されやすいため、次から次へと様々な物を新しい物に変える可能性もあります。注目されるためには、お金を使う傾向があります。

いぬ年(戌年)は、相手に尽くす思いを持ち合わせています。自分自身の命にしか意識が集まらない姿には、ねずみ年(子年)の気持ちを理解する事ができないかもしれません。

分かりやすくイメージするならば、いぬ年(戌年)の行うボランティア活動、寄付金を支払う姿に、無駄だと思う姿が現れやすくなります。お金を稼ぐ生産性の無い行動に、理解を向ける姿がねずみ年(子年)に現れにくい姿があるのです。


○ねずみ年(子年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。


陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。



五行を加えた、ねずみ年(子年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)ねずみ年の火生まれの性格は、ねずみ年に火の影響受けた性格です。 火は強い陽を現し、ねずみ年の中でも活動的、感情的な性格になります。命に関わる内容に、とても敏感です。恋人や上司であれば、再々な出来事でも許さず、がみがみと口を出してくる可能性も高まります。


(水)ねずみ年の水生まれの性格は、水の性質が現れやすくなります。水は流れるイメージがある様に、世の中の流れに乗りやすい傾向も高まります。ただし、水は冷たいイメージがあるため、人を裏切り、ねずみの中でも自身にとって良い方向へ足を運ぼうとする場合もあるでしょう。

水は、柔らかいイメージがありまして、水は、固く凍る事もあれば、蒸発する場合もあります。ねずみ年の性格の中でも柔軟な考えを持ち合わせやすくなります。柔軟な考えであるため、世の中の流れに乗りやすいとも言えるかもしれません。

(木)ねずみ年の木生まれの性格は、木の特徴である成長や創造が現れやすい特徴があります。自らお金を増やす事に長けている姿です。お金を投資したりする思いも現れやすくなるかもしれません。木の陰陽における特徴は、成長を現す陽の力が高い傾向にありますが、少なからず枯れる要素である陰の要素も持ち合わせています。

景気などの動向をしっかりと把握を行い、枯れない様に注意をしなければなりません。

(金)ねずみ年の金生まれの性格は、五行の中でも最も陰の要素が強い鉱物の性格です。陰を現す言葉の中には、頑固や固いと言う言葉があります。ねずみ年の金生まれの性格は、頑固になりやすく、財布のひもをきつく縛っている場合もあるでしょう。

ただし、固いイメージがありますが、人付き合いが悪い姿ではありません。人付き合いが悪くなれば、一人でいる事になりまして、大きな不安を抱える事になります。石橋を叩いて渡る姿です。干支の中でも最も生命が保証できる相手と受け止める考え方もありますよね。


(土)ねずみ年の土生まれの性格は、陰と陽の性格を半分づつ持ち合わせている傾向になります。土は、大地を繁栄させる力があると同時に、川をせき止めるための堤防としての役割も持ち合わせます。ねずみ年の中でも、温かさを持ち合わせていまして、真面目な性格の一面も持ち合わせています。

ねずみ年に限らず、土の影響を受け得ている人は、バランスを意識しやすい傾向が高まります。世の中にはバランスを崩す要素が沢山あります。バランスが崩れば、もちろん、命にも関わってきます。そのため、ねずみ年の中でも、最も、命を守るための行動に対して、最も良い結果が得られる姿も持ち合わせているかもしれません。

お金に意識が集まりすぎると、かえって、自らが害を被ってしまう姿もありますよね。


○ねずみ年(子年)の性格判断のまとめ

ねずみ年(子年)の性格判断 まとめ


ねずみ年(子年)は、生命力が弱いと本能的に感じやすいため、将来に渡って、この思いに影響を受けながら生きていきやすくなります。

どの様に生命を守ろうとしても、いずれ、その生命は守りきれない姿が訪れます。干支の本能のため、致し方がない姿でもありますが、あの世に帰った後、人生を振り返るにあたって、もっと、行動的に行動しておけばよかったと思われるかもしれません。自身の安全ばかり気にしていると思い出が残らない可能性も高まります。

この様な性格であるため、自身に意識が集まりやすくなる事で周りが見えず、恋愛に至っては独占欲が高まる可能性もあります。何事においても自分自身、安全第一主義と言えるかもしれません。

ねずみ年(子年)の性格における捨てられたくない思いは、あちらこちらと笑顔を振る舞う姿も多く現れやすくなります。特に女性に至っては、他の女性から、何よ!あの子!いろんな人に笑顔を振るまいて!と良くない姿として見られてしまう可能性もあるかもしれません。

良い印象を周りから見られたい思いは、気配り上手として見える場合もあります。

ねずみ年(子年)の性格は、世渡り上手の性格です。生きるための知恵に意識が集まりやすいため、他の干支には持ち合わせていない様なアドバイスを引き出せる場合もあるでしょう。

命を守る思いの強いねずみは、神経質になりやすく、霊感が高まりやすい特徴もあります。

反対の干支に当たるうま年(午年)は、生命力が強く個人行動を好む傾向があります。ねずみ年(子年)は、支えう思いが芽生えやすくなるため集団行動を好む傾向があります。 この姿がねずみ年(子年)と うま年(午年)の陰陽の違いにおける相反する思いになるのです。

私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いうま年(午年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。

干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断


格安!霊能力者への霊視相談情報



私が紹介している陰陽干支は、あくまでも万人に共通するベースとなる基本的な性格です。その性格は、生きている間に様々な影響を与え、各々の性格が形成されていく事になります。各々における悩み事は霊視ができる占い師(霊能力者)に相談をされるのが最適です。以下の先生方は、私以上の霊感の高い選ばれた先生方です。

以下の先生方は、業界の中でも霊感が高く名高い先生方です。もちろん、私以上に霊感が高く、霊視の力によって、様々な悩み事に対して対応されています。

そのため、口コミでも当たると評判になっている場合もよくあります。

占い師と言う肩書きで活動されていますが、普通の占い師では無く、霊視ができる霊能力者と言った方が分かりやすいかもしれません。

自身の心の内や、好きな相手の心の中など恋愛事などを初め、様々な事が言い当てられる事で驚かれる事もあります。信頼の高い霊能力者の先生方です。

○以下の先生方は、人気の高い先生方であるため鑑定中が多くあります。そのため、直ぐに相談に応じてもらえるか分かりませんが、

悩みを抱えている場合におきまして、悩み事を解決されたい場合など参考にしていただければ幸いです。





伯泉先生

眞文先生

アネク先生


◎上記の先生は、占いサイト、ヴェルニに所属されていまして霊視によって相談に応じてくれる人気の先生です。

悩みを抱えている方への上記の先生へは こちらから




美愛先生


◎上記の先生は、占いサイト、ピュアリに所属されていまして霊視によって相談に応じてくれる人気の先生です。

悩みを抱えている方への上記の先生へはこちらから 悩みを解決に導く
電話占いピュアリ☆





香桜先生

貞心先生

櫻井撫子先生


◎上記の先生は以下のサイトに所属されています。以下のサイトは、霊視による専門性が強く、初めての方でも霊視占いが利用しやすいサイトです。


電話占いウィル ズバリと言い当てる霊感霊視・未来予知




格安!霊能力者への霊視相談情報





他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング



ねずみ年(子年)の性格判断とは

静香 at 14:44│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字