陰陽干支(性格,判断):Topページへ

いのしし年(亥、猪年)の性格判断とは

いのしし年(亥、猪年)の性格判断とは

いのしし年(猪年)の性格判断とは

いのしし年(猪年)の性格判断とは、いのしし年(猪年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

いのしし年(猪年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらの いのしし年(亥、猪年)の性格判断を読まれるとなぜ、とりが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


いのしし年(亥、猪年)は、人に尽くす事が大好きな、いぬ年(戌年)の次の干支、12番めの干支です。人に尽くしているのが、本当に喜ばれているかどうか分かりません。相手の気持ちをより良く知る姿を現している姿がいのしし年(亥、猪年)になるのです。

人の成長で現すならば、11歳から12歳ぐらいに当たる小学6年生ぐらいの性格です。人の気持がよく分かり、社会全体に対する思いを把握しやすくなります。全体を知る力と同時に、全体を評価できる様な姿です。昔は、それほど学業が必要でも無く、実際に12歳ぐらいで成人扱いされていた姿もあるかもしれません。

十二支としては、12年で一括りされます。干支の性格に則れば、12年で成人として受け止める事もできるのです。学業的な姿を抜きとしまして、12年で大人としての性格を持ち合わせてる事もできます。もちろん、犯罪に対する自覚も、12歳ごろには全て学んでいる事になります。

いのしし年(亥、猪年)に猪が扱われている理由は、動物のイノシシが由来です。

干支の動物は、抑える力を現す陰に傾きやすい姿と、興奮を現す陽に傾きやすい傾向があります。ねずみ年(子)年は陽に傾きやすく、次の干支のうし年(丑年)は、陰に傾きやすい傾向があります。干支の動物は、順番に陰と陽とが交互に変わる順番で傾向が変わってきます。

いのしし年(亥、猪年)は、陰に傾きやすい傾向があります。ただし、この陰は、小さい姿を現す陰との意味があります。心の境界線が小さいため、他人と自分との境界線が小さく、他人の思いも自分の思いの様に感じる姿があります。

動物のいのしし(猪)が選ばれた理由は、猪突猛進と言う言葉がある様に、周りを顧みず、自分を犠牲にしてまで、突進する姿をも持ち合わせているためです。自分を犠牲にして人に尽くす思いが芽生えやすくなります。

猪突猛進とは、力のある陽の姿だと思われがちですが、心における他人との境界線の薄い陰を示しているのです。ねずみ年(子年)に近い干支は、小さな姿を持ち合わせています。


私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格が とり年(酉年)の性格判断における性格になります。


○いのしし年(亥、猪年)の性格判断の基本的な特徴

いのしし(亥、猪)
いのしし年(亥、猪年)の性格判断とは、いのしし年の様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

いぬ年(戌年)も人に尽くす思いがある動物ですが、尽くす行為に少し違いがあります。いぬ年(戌年)の人は、人々に尽くす事ができるのは、自分しかいないと思い込みが激しく、自己愛が強まる傾向にあるのです。

いのしし年(亥、猪年)は、心における他人との境界線が薄いため、無理に嫌がる姿まで押し付ける様な姿は現れにくい特徴があります。本当に困っている人の思いに立てる姿があります。

ただし、この心における他人との境界線が薄い気持ちは、良くも悪くも働きやすくなります。良い姿といえば、周りが嬉しい気持ちが自分自身の幸せに繋がる様な思いを抱きやすくなります。しかしながら、他人が怒られている姿は、自分自身も怒られている様な姿として感じやすくもなるのです。

抑える力が少ない思いは、暴食暴飲としての姿も現れやすくなります。いのしし年の猪には、豚を現し豚は太っているため、太りやすい姿を現しているかもしれません。

いのしし年(亥、猪年)は、頭が賢くなりやすい傾向もあります。心の中にの他人との境界線が薄い姿には、外に対して関心が高まりやすく、外に対する知識を知ろうと努力する思いが働きやすくなるためです。

自己犠牲の精神は、知識を学び社会へ貢献したい思いも芽生えやすくなるでしょう。

いのしし年(亥、猪年)は、真面目な姿として周りから映る場合もあります。ただし、関心が外に向かいすぎる中で、自分自身に対する意識が薄まりやすくなります。その結果、だらしがない服装になりやすく、意外にも部屋が散らかりやすいため注意も必要です。抑える意味を現す陰の働きが小さな姿は、曖昧な姿が現れやすくなります。自分自身を持たない人にもなりかねません。



○いのしし年(亥、猪年)の性格に最適な職業の傾向

いのしし年(亥、猪年)の職業


いのしし年(亥、猪年)の性格に適切な職業は、社会に対する興味もあり、人の思いをより良く知る事ができるため、弁護士やカウンセラーの仕事などにも向いています。医療関係や、福祉などの仕事にも向いているでしょう。

人を幸せにして、人に笑顔を作り出したい思いが芽生えやすくなるため、お笑い芸人などもお勧めかもしれません。

周りの空気を読むのが得意であるため、ホストやホステス、接客業などにも力を発揮させてくれるはずです。

心における他人との境界線が薄い思いは、人を求めやすくなる姿が現れやすくなります。一人でコツコツとする姿には向いていません。そのため、パソコンを扱って一人で行う姿は、ストレスが溜まりやすくなる場合もあります。

いぬ年(戌年)と同じ様な最適な職業ですが、実際に、人が困っている姿に対して意識が高まりやすくなる特徴があります。


○いのしし年(亥、猪年)の性格に現れやすい言動

いのしし年(亥、猪年)の言動


いのしし年(亥、猪年)の性格は、心における他人との境界線が薄いため、意地悪している人がいれば、注意をする様な言動が現れやすくなるでしょう。いじめられている人の思いを考えた事ある?と言う様な言動もあるかもしれません。

心における他人との境界線が薄いと、同調する様な思いも芽生えやすくなります。そのため、私もそう思うと言う様な表現が現れやすくなるかもしれません。

心における他人との境界線が薄い姿は、曖昧な思いが作り出されやすくなります。その結果、決断する思いが現れにくくなるのです。そのため、どっちにしようかな。こっちにしようかな。と言う言動も現れやすくなります。

真面目な印象の強い、いのしし年(亥、猪年)すが、感情的になりやすく、些細な事でも豹変しやすい姿も隠されています。抑える陰の要素が弱いため、男性であろうとも感情的な姿が顔に現れやすくもなるでしょう。

○いのしし年(亥、猪年)の性格における相性とは

eto_tokei2


いのしし年(亥、猪年)の性格における干支の性格判断とは、陰陽が作り出した姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、お互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、陰陽のバランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば黄色い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として青い三角で紹介させていただきます。


いのしし年(亥、猪年)の良い相性とは、図でも現れている様に、うさぎ年(兎年)と ひつじ年(未年)です。

うさぎ年(兎年)は、品のある姿をする事で、人を集め不安な思いを抑えようとする思いが現れやすくなります。いのしし年(亥、猪年)は、その不安な思いを感じ取り、不安を払拭させてくれる様な振る舞いが現れやすくなります。

ひつじ年(未年)も同じく、汚い姿に不安を抱えやすく、潔癖症の思いが芽生えやすくなります。ひつじ年(未年)の抱く不安を感じる事で、ひつじ年(未年)への振る舞いを心がける思いが芽生えやすくなります。


いのしし年(亥、猪年)の相性が悪いのは、反対の干支に当たる。へび年(巳年)、うし年(丑年)、とり年(酉年)です。へび年(巳年)は、手が無い様に、他人の手を必要としない自己中心的な思いが芽生えやすい姿を持ち合わせています。他人の事を考えないへび年(巳年)に、いのしし年(亥、猪年)が我慢できるはずはありません。

うし年(丑年)は、少しでも確実に前へ進む思いが芽生えやすい姿を持ち合わせています。曖昧で決断力の無い、いのしし年(亥、猪年)に苛立ちや不安を抱きやすくなるでしょう。

とり年(酉年)は、物事を白と黒に分けたい思いがあります。人を白と黒に分けて切り捨てる様な考え方を持ち合わせやすい、とり年(酉年)に対して、いのしし年(亥、猪年)が我慢できるはずはありません。



○いのしし年(亥、猪年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。


陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。



五行を加えた、いのしし年(亥、猪年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)いのしし年の火生まれの性格は、火の要素を影響で興奮状態を引き起こしやすく、行動的な姿を持ち合わせています。暖かい姿は、周りからも高評価を受けやすく、実際に人の心を温める力も持ち合わせています。

火生まれの人は、最も、エネルギーが消費されやすい姿もあります。他のいのしし年よりも、消費カロリーが高まりやすく、太る姿も現れにくくなるでしょう。ただし、五行の中では、抑える力が最も弱いため、何事も過剰になりやすい可能性も持ち合わせています。真面目な性格をしている姿から、周り化が驚く様な、豹変する姿も現れやすくもなるのです。


(水)いのしし年の水生まれの性格は、柔軟性がありまして、水が様々な場所へ流れる様に様々な人と交流を求める傾向が高まります。水は、個体や液体、気体へと様々な姿に変化する姿を持ち合わせています。心の境界線が小さい姿は、他人の影響を受けやすく、周りの流行りなどに合わせる姿が現れやすくもなるでしょう。

ただし、自分自身の考えや生き方を持ち合わせていない人となりやすく、注意をしなければなりません。


(木)いのしし年の木生まれの性格は、木は実をつけ動物に与える力がある様に、実際に、人に対して貢献する姿が現れやすくなります。木は、創造などの芸術を現し、芸術活動などの中から人に貢献する様な思いが現れやすくなります。

物事を創造する人の中には、自己中心的になりまして、社会から評価をされない場合もよくあります。いのしし年の木生まれの性格は、他人の心も感じやすい姿を持ち合わせているため、社会から評価を受けやすい姿を作り出す力に長けています。

ただし、木の要素は、高い姿も持ち合わせています。他人の思いを感じる姿に長けている干支ですが、天狗にならない様に注意をしなければなりません。


(金)いのしし年の金生まれの性格は、固い陰の要素で頑固な性格になりやすい姿があります。一般的に、金生まれの性格は、一度、自分自身で考えた内容は変える事はありません。金の要素は、五行の中でも、最も抑える陰が強く、信念が強まりやすい傾向があります。

反対の干支のうし年(丑年)の様に確実性を求めず、深く考えずに頑固に突き進む姿は、成功者として収まる場合もあれば、脱落者としての姿も現れやすくなるでしょう。

頑固の固の固い字は、周りに囲まれ、古い考え方を現す字があります。人のためになると思う思いは、現在における周りを見ず、その行為が古い姿となっている可能性もありまして、注意をしなければなりません。


(土)いのしし年の土生まれの性格は、土の性格が現れやすい姿です。土生まれの人は、陰と陽を半分づつ持ち合わせているため、バランス感覚に優れやすい姿を持ち合わせています。

土は、大地を繁栄させる陽と、堤防や建物などに使われる固い土としての陰の姿があります。五行の土は、視野が広い性格になりやすい姿もあるのです。干支の中では、最も、社会全体を把握しやすい姿を持ち合わせています。

仮に創造主(神様)がいたとするならば、創造主が世の中の姿を天から見て、どの様な姿なのかより良く知り尽くす様な姿でしょう。いのしし年の土生まれの性格は、この様な力を持ち合わせやすいため、監督や、顧問的なアドバイザー、情報を集める仕事などにも向いています。




○いのしし年(亥、猪年)の性格判断のまとめ

いのしし年(亥、猪年)性格判断 まとめ

いのしし年(亥、猪年)の性格は、実は、干支の性格判断における基本的な基本の中の基本です。実際のいのしし年(亥、猪年)の性格は、見た目では把握しにくい姿を持ちあわせているのです。

心における他人との境界線が薄い姿は、他人の影響を受けやすい姿も持ち合わせているためです。朱に混じれば赤くなると言う言葉がある様に、様々な干支の影響を受けやすい可能性があります。

その様な中で、特徴的な姿がいくつかあります。明るいファッションを好む傾向がその一つです。明るいファッションは、周りの人の心を明るくして、その明るい心が自分自身にも伝わって来る場合もあるためです。

常に、他の人の心に意識が高まりやすく、他人との繋がりを求めやすい姿も現れやすくなります。この様な思いは、仲間に対する意識も高まりやすく、仲間を必要とする姿も現れやすくなるのです。今、暇?暇ならどこか行こうよ!と言う様な言動も多くなるでしょう。

干支の中には、子離れがしにくい特徴のある干支もいます。いのしし年(亥、猪年)も同じく、子供の思いを感じれない姿は、正に、無の状態でありまして、強い孤独を抱きやすくなるのです。

両親が、いのしし年(亥、猪年)の中には、どっちが親?と思われる様な姿も現れやすくなります。子供の思いを感じる中で、心が子供化され、子供と変わらない性格になりやすい姿も隠されているためです。

干支は、循環していると言う考え方もあります。次の干支は、小さを現すねずみ年(子年)であるため、心が子供化される姿は必然的な姿かもしれません。

反対の干支に当たる、へび年(巳年)は、動物の蛇を現す干支です。動物の蛇には手が無い様に、相手からの影響を受けにくい姿があります。逆に、いのしし年(亥、猪年)は、相手の気持ちをより良く感じやすいため、相手の影響を受けやすい姿があります。自分自身を持ちにくい、自分自身が強すぎる、姿として、相反する干支の陰陽が現れているのです。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いへび年(巳年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。


子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断





→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?







他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング


いのしし年(亥、猪年)の性格判断とは

静香 at 12:33│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談