陰陽干支(性格,判断):Topページへ

ひつじ年(未年)の性格判断とは

ひつじ年(未年)の性格判断とは

ひつじ年(未年)の性格判断とは

ひつじ年(未年)の性格判断とは、ひつじ年(未年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

ひつじ年(未年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらの ひつじ年(未年)の性格判断を読まれるとなぜ、ひつじが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


ひつじ年(未年)は、生命力の溢れる干支のうま年(午年)の次の干支に当たる、7番目の干支です。太陽が頂上まで昇れば、やがて、下り始めます。下り始めた中で、その原因となる負の要素を取り除きたい思いが現れやすくなる姿を現して、選ばれたのが動物のひつじです。

人の成長で現せば、7歳から8歳当たりの年代となりまして、小学2年生ぐらいの姿になります。様々な姿を学ぶ中で、自身にとって悪い姿を排除して良い姿を取り入れようとする様な姿です。

いじめは、排除したい思いが芽生えやすくなる小学2年生から現れやすくなります。排除したい思いは、勉強が嫌いになり始めやすい姿も持ち合わせています。勉強よりも、遊んでる方が楽しい!と思う様なイメージです。

ひつじ年(未年)の動物である羊が白く美しい姿を保っているのは、美しくなりたいのでは無く、汚い姿を極力排除したい思いが芽生えやすくなるためです。排除したい思いが芽生えやすくなります。

うま年(午年)には、頂上を現す太陽の様な姿を持ち合わせていると同時に、やがて、衰え始める姿としての意味もあります。ひつじ年(未年)は、実際に末端から衰え始めた様子を現し、その末端を切り捨てたい様なイメージのある干支なのです。


私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格が ひつじ年(未年)の性格判断における性格になります。


○ひつじ年(未年)の性格判断の基本的な特徴

ひつじ(未)


ひつじ年(未年)の性格判断とは、ひつじの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

ひつじ年(未年)の未という字は、末端(まったん)を意味する意味があります。物事が腐り始めるのは、末端からの場合が多くありまして、その姿を現しているのです。

ひつじ年(未年)は、エネルギーが最も強いうま年(午年)の隣の干支であるにも関わらず、ねずみ年(子年)の様に気が弱く、おどおどとした性格になりやすい特徴があります。元気な姿から、手の先が腐り始め、どうしよう!どうしよう!とおどおどとした様な姿です。前身に回らない様に、切り落としたい思いも芽生えやすくなるのです。

木で現せば、木の先端の腐り始めた枝を落として行く様な姿です。

ねずみ年(子年)との違いは、ねずみ年(子年)は、命を守るためのお金を大切にする傾向が高く、貯金をする傾向も高まりやすくなります。

ひづじ年(未年)は、今直ぐにでも排除したい!お金を使ってでも排除したい!思いが芽生えやすく、浪費癖が高まりやすくなるのです。

綺麗な状態を保っていれば、負の要素を与えるばい菌はよって来ないだろうと思う心理から、美的感覚が高まりやすくもなります。そのためには、お金を使う姿にためらいはありません。干支の中でも最も強い潔癖症と言えるでしょう。

ひづじ年(未年)の浪費癖は、お金は他人から回って来る思いも隠されているかもしれません。他人が触ったお金には、ばい菌がついている可能性があると思う心理状況です。早く手放したい思いが、浪費癖を高めている可能性もあります。


○ひつじ年(未年)の性格に最適な職業の傾向

ひつじ年(未年)の職業


ひつじ年(未年)の性格に適切な職業は、意外にも様々な場所に隠されています。一見、汚らしい油まみれの仕事などが嫌いな様にも見えますが、その姿から、汚らしい姿を排除する姿は、排除できた!と言う快感が生じる場合もあるのです。

ひつじ年(未年)の人の中には、掃除好きな人も多くいます。清掃業なども最適な仕事の一つなのです。

もちろん、きれい好きであるため、美容関係や身なりを大切にする仕事なども最適な仕事となるでしょう。ほとんどの職業は、ばい菌はお断りの姿もありまして、多くの職業で受け入れられる性格の持ち主です。特に、美容院の仕事は、無駄な髪の毛を排除する姿がありまして、ひつじ年(未年)の思いを満たしてくれるはずです。

ただし、実際に人の体や手に触って行う仕事などには向いていません。又、医療関係の仕事などは、実際に、ばい菌に出会う可能性も高まります。これも又ただし、ばい菌を排除する思いで満たされる可能性もあるかもしれません。

排除したい思いは、芸術的な感性を開花させる力も持ち合わせています。芸術的な姿の多くは、必要な姿を残し、不必要な姿を取り除く姿を持ち合わせているためです。

ひつじ年(未年)に限らず、何かしらの不安を抱えやすい干支の多くは、知識欲も強く、頭の回転が早く、秀才になりやすい姿があります。不安を埋めるためには、少しでも様々知識を吸収して、少しでも不安を和らげようと思う心理が働きやすくなるためです。

ただし、自身を害する様なばい菌に関する知識については、考え方が二つに分かれます。一つは、ばい菌に関する知識を知る事で、より、近づけさない様とする思いです。この様な思いであれば、薬剤師などの職業にも適しています。

中には、ばい菌に対する知識を吸収すれば、その知識が知識を汚染させてしまう様な考え方を持ち合わせてしまう場合もあります。この様な場合は、排除する事に専念できる様な美に関する職業がお勧めです。




○ひつじ年(未年)の性格に現れやすい言動

ひつじ年(未年)の言動


ひつじ年(未年)の性格はこの様な性格であるため、汚い!触りたくない!近寄るな!などの言葉が多く現れやすくなるかもしれません。

ひつじ年(未年)の人は、お金に対してだらしがないにも関わらず、人が着用する服装に対して、だらしがない!と口に出してしまう可能性も高まります。容姿としてのだらしがない姿からは、ばい菌が集まって来る可能性も高まるためです。

正反対の位置にある、うし年(丑年)は、少しでも前へ進む思いが現れやすくなります。その反対であるひつじ年(未年)は逆に避ける思いが現れやすくなるのです。そのため、そっちはダメ!そっちよりもこっち!と言う言葉も多く現れやすくなるでしょう。

干支は、陰に傾きやすい傾向と、陽に傾きやすい傾向の干支がいます。干支の傾向は、順次、陽、陰、陽、陰と、順番に傾向が変わっていく特徴があります。ひつじ年(未年)は、陽の傾向が強い干支であるうま年(午年)の次の干支です。そのため、頑固を現す陰の傾向が強くなるのです。


ひつじ年(未年)の言動は、頑固になりやすく、自分の主張を無理に通そうとする一面も持ち合わせています。


○ひつじ年(未年)の性格における相性とは

eto_tokei2


ひつじ年の性格における干支の性格判断とは、陰陽が作り出した姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、お互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、陰陽のバランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば黄色い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として青い三角で紹介させていただきます。


ひつじ年(未年)の良い相性とは、図でも現れている様に、うさぎ年(兎年)と いのしし年(猪年)です。

うさぎ年(兎年)は、品のある言葉や綺麗な姿を好む傾向があります。品のある言葉や美しさには人を引き寄せる力があるためです。人を集めて身を守り、安心感を得たい思いを抱きやすい傾向にあります。目的は違いますが、同じ綺麗好きであるため共感し合って共に歩んで行く事ができます。

いのしし年(猪年)は、心における他人との境界線が薄く、他人の事を自身の事の様に感じる姿に長けています。そのため、ひつじ年(未年)の抱える不安な思いを感じ取り、ひつじ年(未年)のために、汚い姿は極力避ける思いが芽生えやすくなります。


ひつじ年(未年)の相性が悪いのは、反対の干支に当たる。うし年(丑年)、へび年(巳年)、とり年(酉年)です。

うし年(丑年)は、どの様な障害であろうとも前へ進む思いが芽生えやすくなります。ひつじ年(未年)は、反対の干支であるため、避ける思いが現れやすくなります。前へ進む、避けるとではお互い良きパートナーとして築き上げれるはずはありません。

へび年(巳年)は、良くも悪くも、最高の思いを感じる姿に長けています。そのため、毒のある言葉も平気で口から現れやすくなります。毒のある姿は、ばい菌の様に心身を腐らせてしまいかねません。もちろん、相性はよくありません。

とり年(酉年)は、白黒をはっきりと分けたい思いが現れやすくなります。ひつじ年(未年)の浪費癖や、潔癖症などの姿は、良くない姿として黒と判断してしまう場合も現れやすくなるでしょう。

ねずみ年(子年)とも相性が悪いと言われる場合もあります。ねずみ年(子年)は命を守るためのお金を貯めるのが大好きです。ひつじ年(未年)の浪費癖は、無駄な浪費と判断を行い我慢する事ができなくなるためです。


○ひつじ年(未年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。


陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。

本来の干支は、十二支では無く、五行を合わせた60の性格になるのです。60歳になれば、一周を現す還暦と言う言葉もあります。

五行を加えた、うし年(丑年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)ひつじ年の火生まれの性格は、ひつじ年に火の影響受けた性格です。火は、五行の中で最も抑える陰の要素が少ない性格です。そのため浪費癖も激しく、麻痺をしてしまう様な姿が現れやすくなります。

神経が過敏に働きやすくもなるため、感情的な態度が表に現れやすくもなるのです。元々、ひつじ年(未年)の人は、自己中心的な要素を持ち合わせています。受け付けたくない汚い要素とは、自分自身に関わる内容だからです。潔癖症も激しく、常にテーブルを拭く姿なども現れやすくなるかもしれません。

(水)ひつじ年の水生まれの性格は、水が様々な場所に流れる様に、様々な人とお付き合いをするのが得意です。水は、あらゆる動物に必要な成分でもありまして、綺麗好きから人が集まって来る場合もあります。水は、冷たい冷静などの意味もあり、火生まれの性格の様に、潔癖症もそれほど強くは現れません。

ただし、ひつじ年(未年)が抱える避けたい思いは隠しきれません。汚い姿を第三者に取り除いてもらう目的の中で、人を集める姿に長けているのかもしれません。そこ汚れているので、拭いてくれません?と言う様な雰囲気です。

(木)ひつじ年の木生まれの性格は、木は創造を現す様に芸術センスに優れている人が現れやすくなります。芸術とは、足りない要素を足す姿と、不必要では無い姿を排除していく姿があります。排除する思いは、芸術の分野で力を発揮されやすくなるのです。

彫刻家のミケランジェロは、石の中に像が埋まっていまして、私は無駄な石を取り除く作業をしているに過ぎないとも言っています。ミケランジェロがひつじ年(未年)だったかどうかは分かりませんが、この様な思いに長けていると言えるのです。

木は腐って枯れる要素もありますが、残す要素も残されています。木は実をつけ、動物に与える力も持ち合わせています。ひつじ年(未年)の中でも、相手の気持ちを感じて相手のために行動を起こす事ができます。

手が汚れている場合、この部屋から出て行ってくれ!と言うのでは無く、手を洗ってから部屋に入ってね。と言う様な落ち着いた印象です。ひつじ年(未年)に限らず、木生まれの人は、人に振る舞う事を好む傾向があります。浪費癖も激しい干支であるため、部屋でパーティーなどを開く姿も現れやすくなるでしょう。


(金)ひつじ年の金生まれの性格は、うし年の金生まれは、干支の中でも最も陰の要素が強く、頑固な性格になりやすい傾向があります。頑固であるため、外見上固い印象を受けやすい性格です。固い盾を持ってばい菌を寄せ付けたくない様な思いの持ち主かもしれません。

陽の要素とは、行動や前向き的な象徴です。陰の要素とは、行動的では無く、内身的な象徴です。そのため、行動を控える姿が現れやすくなります。外に出向けば、様々な場所にばい菌が存在しているかもしれません。家にいれば、安全だと思う心理が働きやすいのが、ひつじ年の金生まれの性格と呼べるでしょう。

(土)ひつじ年の土生まれの性格は、土の性格が現れやすい姿です。この土とは、大地を繁栄させる土である陽と、防波堤や堤防などに使われる土としての固い要素である陰の姿を持ち合わせています。そのため、土の性格は、陰と陽とが半分ずつの性格と言われているのです。

大地や、堤防などは、姿形も大きく、大きな視野を持ち合わせやすい姿があります。ひつじ年の土生まれの性格は、大きな視野を持って判断をする事ができるのです。日本に黄砂が降ってくる姿や、社会が引き起こす汚染問題などにも意識が高まりやすくなります。

インフルエンザなどが広がれば、周りを気にする事無く、直ぐにマスクをかぶって対処しようと心がけるでしょう。

できるだけ汚い要素を引き寄せないためには、陽と陰の要素をバランス良く持ち合わせ、一つの要素に不備があれば、その要素を切り離すのが効果的です。ひつじ年の土生まれの性格は、ファッションにおいても、集める趣味においても、一つの趣向にこだわらず、様々な趣味にこだわりが現れやすくもなるのです。


○ひつじ年(未年)の性格判断のまとめ

ひつじ年(未年)性格判断 まとめ

ひつじ年(未年)の性格は、末端から徐々に、力が衰えていく姿から、少しでも現状を維持しようと頑張ろうとする姿です。オリンピックで金メダルを取った人が、力が衰えていく中で、銀メダルから銅メダルへとならない様に、試行錯誤している様な姿です。

現状を維持するためには、他の人などかまっていられません。自己中心的な性格になりやすい特徴も隠されています。

ひつじ年(未年)の浪費癖は、お金は人の手が触っている姿として、手放したい思いと、ばい菌を寄せ付けたくない思いから、ばい菌を寄せ付けない様にできるだけ身なりを整えておきたい思いからです。

この様な性格の持ち主であるため、手の神経が過敏に働きやすく、触る姿にこだわりを持ち合わせやすくもなるのです。危険な姿には、極力避ける思いも芽生えやすくなります。

ひつじ年(未年)は浪費癖ですが、実は、ひつじ年(未年)の人にはお金が入ってきやすい特徴もあるのです。汚い姿を排除する思いは、綺麗な姿が現れやすくなります。綺麗な場所には、福が舞い降りて来る場合もあるのです。

お金は寂しがり屋で、お金を使わない場所よりはお金をよく使う場所に集まると言う話しもありますよね。

神経質で弱々しい性格は、周りから支えてあげたい思いが芽生えやすくもなるでしょう。何よりも、ひつじ年(未年)が頑張って汚い姿を排除しているからこそ、周りに広がる姿を抑えていくれていると言う考え方も持ち合わせる事ができます。

ひつじ年(未年)は、周りの干支からすると、無視したくても無視ができなく、手助けたい思いが芽生えやすくなる持ち主です。

反対の干支に当たる、うし年(丑年)は、命の小さな、ねずみ年(子年)の次の干支であるため、少しでも確実に前へ進もうとする思いが高まりやすくなります。ひつじ年(未年)は、現状をできるだけ維持するために、弱り始めた姿を切り落としたい思いが芽生えやすくなります。物事を足して進める、切り捨てるの違いとして陰陽の差があります。+と-の違いと呼べるかもしれません。

私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いひつじ年(未年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断





→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?







他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング


ひつじ年(未年)の性格判断とは

静香 at 14:35│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談