陰陽干支(性格,判断):Topページへ

へび年(巳年)の性格判断とは

へび年(巳年)の性格判断とは

へび年(巳年)の性格判断とは

へび年(巳年)の性格判断とは、へび年(巳年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

へび年(巳年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらのへび年(巳年)の性格判断を読まれるとなぜ へびが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


人の成長を現す干支で言えば、へび年(巳年)は、幼児など目的に真っ直ぐ買物ができる幼稚園児ぐらいの年齢を現すたつ年(辰年)の次の干支、6番目の干支になります。へび年(巳年)は、両親の指示が無くても、一人で考え様々な場所へ足を運ぶ事ができる年齢、5歳から6歳ぐらいまでの年齢です。

一人で考え様々な場所へ足を運ぶ事ができる力が無ければ、両親と一緒でなければ小学校に通えなくなってしまいます。反抗期になりやすい姿もありますが、その反抗期は必ず必要な姿なのです。

へび年(巳年)の巳の由来は、蛇を形どった象形文字から現れています。巳の字には、止まると言う意味もありまして、成長が止まる姿も含まれているのです。成長が止まった姿は、その時点で最高の状態にあります。動物の蛇にも最高の毒を持ち合わせている様に、最高を現す意味も含まれているのです。

うま年(午年)も正午と言う字にも扱われている様に最高を現す干支ですが、性格判断における、うま年(午年)は、溢れる力を使う姿に性格が現れやすくなります。そして、うま年(午年)の午の字には、やがて、陰へと傾き始める姿もあるのです。へび年(巳年)の性格は、内面から溢れる思いを最高に感じる力に長けています。

私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格が へび年(巳年)の性格判断における性格になります。




○へび年(巳年)の性格判断の基本的な特徴

へび(巳)

へび年(巳年)の性格判断とは、へびの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

動物のへびには手がありません。手を差し伸べて助けてもらわなくても、最高の思いを感じる事に長けているため、自分自身だけ考える姿を現すために、選ばれたのが動物のへびです。へび年(巳年)の人にとっては、もっとかっこいい、可愛い干支の方が良かったと思われるかもしれません。

独自の判断で行動を引き起こす事ができなければ、常に両親が側にいないと行動が取れない子供に育ってしまう可能性も高まりますよね。

動物の蛇には、動物の中でも最高の毒を持ち合わせています。へび年(巳年)の人にも毒を持ち合わせていますが、この毒とは、最高を意味する毒でありまして、決して人を殺す毒を現しているのではありません。最高に感じようとする姿なのです。人の悪口も最高の姿、人へ笑わす姿も最高の姿として現れやすくなるのです。

小学一年生の子供が、これから沢山の学習をするぞ!と最高の気持ちでいる様な姿とも言えるかもしれません。最高の思いを持ち合わせているため、他人の考えや手を必要とせず、自身の事に意識が高まりやすい性質も持ち合わせています。

最高に感じようとする思いは、神経を過敏に働かせ、霊感が高まりやすい人も現れやすくなります。最高に高まる自身の思いを信じる中で、霊的な力が発現しやすくもなるのです。霊能力者である江原啓之さんの干支は、たつ年(辰年)ですが、12月22日生まれと言う事もありまして、次の干支である、へび年(巳年)の影響も受けているかもしれません。

異性に問わず、神経が過敏に働きやすく代謝活動も高まりやすいため、他の干支の人達に比べると若い姿を感じさせる場合もよく現れやすくなるのです。

女性であれば、クレオパトラの様な雰囲気を漂わせる姿をしているかもしれません。蛇は脱皮をする動物としても有名です。常に最高の状態にいたいのがへび年(巳年)の性格です。

ただし、へび年(巳年)の最高とは、外見上、貴金属をまとう様な最高の姿では無く、へび年(巳年)は、陰に傾きやすいため、自分に対する内向的な最高の姿です。そのため、周りからは不思議な姿として見られてしまう可能性も高まりやすくなります。


○へび年(巳年)の性格に最適な職業の傾向

へび年(巳年)職業


へび年(巳年)の性格に最適な職業は、沢山あります。仕事の多くは常に最高の状態で行わなければならない場合がほとんどだからです。ただし、チームを組んで行う姿は苦手とします。チームを組めば、他人の考えに合わせ自身の力を出し切る事はできず、そこに不満が現れやすくなるためです。

そのため、自分自身の力が最大限に発揮できる仕事が最適な仕事になります。ここで挙げるならば、芸能人、占い師、宗教家、文学者、歌手、芸術家、料理人などなど、様々な場所で才能を発揮できる可能性を秘めています。

ただし、必ず、成功者として成功を収める訳ではありません。最高に感じようとする姿は、一般の人からは手の届かない姿として、映ってしまう可能性もあるためです。社会が必ず受け入れるとは限りません。アホと天才は紙一重、と言う言葉は、正にへび年(巳年)の性格にピッタリの言葉でしょう。

自分の感じる思いに自信があるため、周りが理解ができず価値観の違いから孤立しやすい可能性も高まります。


○へび年(巳年)の性格に現れやすい言動

へび年(巳年)の言動



へび年(巳年)の性格に現れやすい言動は、良くも悪くも最高の言葉が言動として現れやすくなります。悪い言葉としての地獄に落ちろ!と言う言葉は、這い上がれないほどの地獄の中の地獄に落ちろ!と言う言葉が現れやすくなるでしょう。人に対してグズや、ゴミなどの言葉も多く現れやすくなるかもしれません。そこまで言う?と言う様な言葉が現れやすくなります。

良い言葉としては、・・・・・私自身、あまり浮かんできません。。。。

なぜならば、へび年(巳年)の性格は、自身に意識が高まりやすく、他人を褒める事が苦手だからです。ただし、褒める言葉が現れたならば、それは、本心から来る最高の思いが現れた言葉です。

へび年(巳年)の人は、相手に対して無理に示す作り笑顔や作り言葉が苦手です。最高の思いに対して、嘘をつく事になるためです。無理に感情を作り出そうとすると、直ぐに顔に本心で無い事が明確に現れます。

そもそも、自分自身の思いに関心が強く、他人に関心を示す姿はあまり表に現れにくい姿もあります。

最高の思いに浸るには、他人をけなして自分の姿を最高の状態にする様な言動も現れやすくなるかもしれません。



○へび年(巳年)における相性とは

eto_tokei2


へび年の性格における干支の性格判断とは、干支が現す陰陽の姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、気が合わなくお互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、バランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば青い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として黄色い三角で紹介させていただきます。


へび年(巳年)の相性が良いのは、図でも現れている様に、うし年(丑年)と とり年(酉年)です。うし(丑年)は、仕組みや論理的な説明などを好む傾向にあります。へび年(巳年)は、うし年(丑)に対して最高の考えを提供する事ができるでしょう。

とり年(酉年)は、白黒をはっきりと分けたい思いが現れやすくなります。へび年(巳年)の最高に感じようとする思いは、最高である物と最高では無い姿の白黒がはっきりと分かれやすくなるため、とり年(酉年)の思いを満たしやすくなるのです。

この三つの干支は、意識が一つに固まりやすい傾向としての相性も隠されています。


へび年(巳年)の相性が悪いのは、反対の干支に当たる、いのしし年(猪年)と うさぎ年(兎年)、ひつじ年(未年)です。

いのしし年(亥、猪年)は、心の境界線が薄く、他人の思いも自身の思いの様に感じる姿に長けています。他人の思いを考えず、自身の事ばかり考えるへび(巳年)に我慢する事ができません。

うさぎ年(兎年)は、品のある会話を好む傾向にあります。毒のある様な言葉は、美しい周りの空気を汚す姿として、嫌気をさす姿も現れやすくなるでしょう。

ひつじ年(未年)は、汚い姿を避ける事で綺麗さを保つ思いが現れやすくなります。へび年の言葉の汚い言葉から、ばい菌が集まってくるかもしれないため、その場から離れたい衝動を感じる傾向が高まります。



○へび年(巳年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。


陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。


五行を加えた、へび年(巳年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)へび年年年の火生まれの性格は、火の影響で陽に傾きやすい傾向があるため、毒のある言葉も平気で現れやすく、抑える陰の力が弱いため、へび年(巳年)の中でも最高の思いを感じる姿に長けています。神経が過敏に働き、直感力も高まりやすいため、言葉が飛び飛びとして現れやすく、周りから何を話しているのか分からなくなってしまう可能性も高まるでしょう。

火の象徴は、陽の力で動く姿も持ち合わせています。そのため、へび年(巳年)の性格の影響もありまして、個人で行動を起こす姿も現れやすくなります。熱すぎる火は、他人を寄せ付けない力もあります。自分の考えを第一優先で考える中、人が離れて友人が少なくなってしまう可能性も高まるため、注意を心がけなければなりません。


(水)へび年年の水生まれの性格は、水が様々な場所に流れる様に様々な人達の輪の中に溶け込みやすい性格の持ち主です。バンドを組みながら、最高の姿を求める様な姿です。冷静さを持ち合わせているため、落ち着いて行動を起こす事もできます。落ち着いて行動を振る舞う魔女の様な状態です。

冷静さはを持つ中、最高の姿を求めるへび年年の水生まれの性格は、知的であり真面目そうな姿として映る場合もあります。ただし、水が冷たさを現す様に、冷たい言葉も現れやすくなるのです。え?この人の口からこの様な言葉が・・・・意外・・と思われる姿も現れやすくなるかもしれません。


(木)へび年年の木生まれの性格は、木は創造を現す様に、芸術的なセンスに恵まれている姿を持ち合わせています。木は、実をつけ動物に与える姿も持ち合わせています。自身で感じた最高の思いを、アドバイスなどとして伝える姿も多く現れやすくなるのです。

へび年(巳年)の中では、人付き合いの良い方の持ち主になります。

木は、自然を現し、自然には花々を咲かせる姿も隠されています。そのため、へび年年の木生まれの性格は、明るく豊かな最高の生活を求める傾向が高まりやすくなるのです。ただし、木は枯れる要素としての陰、自然の世界には毒としての陰、陰の姿が少なからず存在します。

他の五行のへび年生まれと同じく、毒のある言葉が現れやすくなるのは変わる事はありません。

(金)へび年年の金生まれの性格は、五行の中でも陰が最も強く、陰の影響を受けやすい姿を持ち合わせています。融通や柔軟性が無く、自分の考えを変える姿が現れにくくなります。

最高の姿とは、常に一定では無く、世の中が変化しているため最高の姿にも変化が現れて当然です。ただし、へび年年の金生まれの性格は、陰の要素で考えが変わりにくい姿を持ち合わせています。

従来であれば、アクションスターとは、憧れる様な姿がありました。現在では、時代錯誤と映る場合もあります。現在に至っても、昔の栄光を求め、アクションスターを夢見ている様な内容です。

へび年年の金生まれの性格は、自身の周りに固い壁で覆われている様な姿です。そのため、周りが見えなくなり、家庭に対して意識が薄れる中、家庭を崩壊へと導いてしまいかねないため注意が必要です。

へび年年の金生まれの性格は、悪い一面ばかりではありません。信念がしっかりとしているため、現実として自身にとって最高の姿になれる可能性を高く持ち合わせています。


(土)へび年年の土生まれの性格は、陰と陽の性格を半分づつ持ち合わせている傾向になります。へび年の土生まれに限らず、土生まれはバランス感覚に優れている性格を持ち合わせやすくなります。

最高への道のりとは、楽な道もあれば、険しい道もあるでしょう。へび年年の土生まれの性格は、最高の考えを持つ中で、最も良い道を見つけやすい性格傾向にあります。例えば、山を登る場合、最も最短距離は、頂上へ一直線に登る方法ですが、必ずそれが最短とは限りません。まわり道をした方が、最短で到達できる場合もあります。効率的に考える力が、他のへび年(巳年)よりも優れている姿を持ち合わせているのです。

土生まれの土における陰と陽とは、川をせき止める、物を建てるための固い陰と、大地を繁栄させる陽を現した姿です。土は、私達生きている人や、自然に貢献する力があります。へび年年の土生まれの性格も同じく、へび年(巳年)の中では、木の性格の持ち主の様に人のために行動を起こす姿も持ち合わせています。

この世の創造主は、最高の力を持ち合わせ、陰と陽をバランス良く使い分けながら、この世を創造されています。へび年年の土生まれの性格は、正にこの世を創造した神々に近い性格の持ち主なのです。



○へび年(巳年)の性格判断のまとめ

へび年(巳年)性格判断 まとめ

へび年(巳年)は、動物の蛇の様に手を差し伸べたり、手を携わって共に歩む思いに欠ける傾向にあります。動物の蛇にも最高の毒を持ち合わせている様に、最高の思いを感じる事に長けているためです。蛇は脱皮をして、新しい姿を持ち合わせている様に、最高の姿にこだわりを持ち合わせやすくなるでしょう。

最高の中には、社長などの地位における権威や、高い位置としての役職などがありますが、それほど憧れを抱く姿はありません。あくまでも、その様な姿は、第三者から見た視点です。心から湧いてくる思いを最高に感じようとする思いに快感を寄せているのです。

各々の抱えている趣味なども様々でありまして、個性が強くなる傾向もあります。

へび年(巳年)を部下に抱える場合、参謀の様なアドバイスを得れるかもしれません。ただし、数多くへび年(巳年)を部下に抱えれば、へび同士が絡まう姿も現れやすく、お互い噛み殺し合う様な姿も現れやすくなるかもしれません。

へび年(巳年)は、他の干支から嫌われそうな姿を持ち合わせていますが、古代からへびは神の象徴として多くの国々で祀られてきました。

特徴の強い性格を把握した中で、パートナーとして一緒に歩む事になれば、人生を最高に楽しい姿として歩まさせてくれる可能性も持ち合わせています。

反対の干支に当たる いのしし年(亥、猪年)は、心における他人との境界線が薄く、手に取る様に相手の気持ちがよく分かる思いに長けています。へび年(巳年)は、逆に、境界線が太く、他人との手を取り合いながら歩む気持ちが薄く、自身の考えを第一に大切にします。 この姿がへび年(巳年)と  いのしし年(亥、猪年)の陰陽の違いにおける相反する思いになるのです。手を受け付ける、手を受け付けないなどの違いです。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪い、いのしし年(猪年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断


格安!霊能力者への霊視相談情報


→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?




格安!霊能力者への霊視相談情報





他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング



へび年(巳年)の性格判断とは

静香 at 14:36│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談