うさぎ年(兎年)の性格判断とは

うさぎ年(兎年)の性格判断とは

うさぎ年(兎年)の性格判断とは、うさぎ年(兎年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

うさぎ年(兎年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらのうさぎ年(兎年)の性格判断を読まれるとなぜ うさぎが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


うさぎ年(兎年)は、立ち上がって走り回ったり、ご飯を一人で食べれる様になれる事で、みんなから注目を浴びやすい幼児の姿のとら年(寅年)の次の干支、4番めに当たる干支になります。うさぎ年(兎年)は、両親の目が届く場所で一人でも遊ぶ事ができる姿を現した干支です。そこには、多少の冒険心もありますが、常に両親がいる事を確認した中で、不安と安心の両方を抱える姿を現している干支として、動物のうさぎが干支の動物として選ばれました。

人の成長で現せば、3歳から4歳ぐらいの児童の姿です。自宅までの距離が短ければ、一人で近くの公園で遊ぶ姿なども現れやすくなります。

安心と不安の葛藤の中にいながら、不安に対する抵抗力を高めていく年代とも言えるかもしれません。

うさぎには、大きな耳と目があります。常に、周りの情報を集め安心できる空間を求めやすい傾向が高まりやすくなるのです。

うさぎ年(兎年)の兎の由来は、もちろん、うさぎを形どった象形文字から当てられています。



私達は、生まれてくる時、世の中の仕組み(陰陽)のエネルギーを浴びながら生まれてきます。基本的な精神的エネルギーが干支の力によって形成されていくのです。そのベースとなる性格がうさぎ年(兎年)の性格判断における性格になります。

○うさぎ年(兎年)の性格判断の基本的な特徴

うさぎ(兎)

うさぎ年(兎年)の性格判断とは、うさぎの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

基本的な性格の特徴の中には、美しさを求める傾向と、品のある姿を心がける姿があります。美しさを求める傾向と品のある姿とは、自身を輝かせたい思いだけによる傾向ではありません。

美しさを求める傾向と、品のある姿を心がければ、魅力的な姿に人が集まり、その人達が守ってくれる可能性が高まりやすくなるためです。品のある姿を心かげる思いは、人々の心に響くような心に残る話術に長けている場合もあります。

うさぎ年(兎年)は、不安を抱えやすい干支であるため、神経質になりやすい傾向にもあります。不安を抱えやすい思いは、貯金に対する考え方も持ち合わせやすい傾向にあるでしょう。ねずみ年(子年)も貯蓄をするのは大好きです。ただし、命を守る事を第一優先的に考えるねずみ年(子年)は、お金を払ってまで品のある姿を整えようとはしません。うさぎ年(兎年)は人に守ってもらうのが第一でありまして、ねずみ年(子年)は、人よりもお金を優先的に考える違いがあります。

うさぎ年(兎年)は、この様な性格の持ち主であるため、周りに人が集まりやすい傾向にあります。この様な姿を求めやすいため、一人でいる事に対しては不安や淋しさを人一倍強く感じやすい傾向にもあるのです。

意外にも人見知りが激しい性格も現れやすくなります。自身に危害を与える人物か、自身が信頼を置ける人物か不安になる中で、その不安を抱えたく無い焦りの様な思いを抱きやすくなるためです。ヤマアラシのジレンマと言えるかもしれません。ただし、一度、信頼できる人物と出会う事ができれば、心を表に出して話し合える関係を築き上げる特徴もあります。

うさぎ年(兎年)の性格は、この様な性格でもあるため、神経質になりやすく、細かな場所まで神経が行き届く姿は、霊感が高まったり、芸術的なセンスが開花する場合もよくあります。

うさぎ年(兎年)は、人が集まる場所に興味を抱く思いを持っているにも関わらず、その場所に対する不安も同時に抱えています。干支の姿を上半分を陰として考え、下半分を陽として考えれば、うさぎ(兎)年は、丁度、中央に位置する事になりまして、両方の思いが現れやすい姿があります。

神経質なうさぎ年(兎年)は、この様な神経の持ち主であるため、良い悪いを見抜く直感力を持ち合わせ、芸術的なセンスに恵まれていると言えるかもしれません。





○うさぎ年(兎年)の性格に最適な職業の傾向

うさぎ年(兎年)の職業


うさぎ年(兎年)の性格に最適な職業は、人を惹きつける力に長けているため、最適な職業は沢山あります。品のある話術が得意なうさぎ年(兎年)は、営業はもちろんの事、交渉などを行う仕事にも向いています。

美的センスが高いため、グラフィック関係の仕事や、美容関係の仕事にも向いているでしょうか。繊細な感覚や品のある姿、歌声を必要とする音楽関係のお仕事でも力を発揮させる可能性も秘めています。

うさぎ年(兎年)の性格は、話す事が大好きです。子供が両親の目が届く範囲の中で遊ぶ中で、両親の側へ戻って来まして、見える範囲で発見した事を話す様な姿です。学校の先生や、講師などもお勧めの職業になります。

基本的に、うさぎ年(兎年)の性格に最適な職業は、人の輪の中に入って行う仕事です。一匹狼として、一人で独立して仕事を行う姿には向いていません。一人で行う仕事は、責任も一人にかかってくる場合もありまして、うさぎ年(兎年)にとっては、大きなストレスを抱えやすくなるためです。


○うさぎ年(兎年)の性格に現れやすい言動

うさぎ年(兎年)の言動



うさぎ年(兎年)の性格に現れやすい言動は、一人でいる機会が多ければ淋しいと言う言葉が現れやすくなります。

現れやすい言動ではありませんが、形容詞が現れやすくなる特徴もあります。品のある言葉を作り出すためには、形容詞は欠かせない言葉になるためです。

うさぎの大きな耳は、情報を集める耳として力を発揮します。うさぎ年(兎年)の性格も同じく、質問事が多く現れやすい特徴もあります。相手の情報をより良く集める事で、相手との絆を高めるきっかけや、話すネタとなる様な情報を求めやすい傾向もあるかもしれません。質問をすれば、返すまでの間、人を引きつけておく事ができる安心感も潜在的に抱えている事でしょう。

この様な傾向があるため、知識欲が高く、頭が賢くなる可能性を持ち合わせています。秀才素質と呼べるかもしれません。

○うさぎ年(兎年)における相性とは

eto_tokei2


うさぎ年の性格における干支の性格判断とは、干支が現す陰陽の姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、気が合わなくお互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、バランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば黄色い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として青い三角で紹介させていただきます。


うさぎ年(兎年)の相性が良いのは、図でも現れている様に、ひつじ年(羊年)と いのしし年(亥、猪年)です。ひつじ年(羊年)も同じく綺麗好きな傾向があります。ひつじ年(羊年)は、貴金属などやファッションなどによって綺麗さを保てているのでは無く、汚い姿を寄せ付けない事で、綺麗さを保たさせる思いが現れやすくなるのです。結果的には、同じ綺麗さを求める思いが強く、共感し合って歩んでいく事ができます。

いのしし年(亥、猪年)は、心の他人との境界線が薄く、他人の事も自分自身の姿として感じる事に長けています。うさぎ年(兎年)の不安になる気持ちや、話したい気持ちをより良く感じ取り、積極的に側に寄り添ってくれるでしょう。


うさぎ年(兎年)の相性が悪いのは、うし年(丑年)、へび年(巳年)、とり年(酉年)です。

うし年(丑年)は、物事の仕組みなどの話しを好む傾向にあります。うさぎ年(兎年)は品のある話しを好む傾向にありますが、品の無い仕組みの話しに興味を抱く事はありません。へび年(巳年)は、へびが毒を持ち合わせている様に、毒のある言葉も平気で話します。うさぎ年(兎年)の心を傷つけてしまうでしょう。反対の干支であるとり年(酉年)は、正しいか正しくないかの議論的な話題を好みます。人を二つに分ける考えは、うさぎ年(兎年)とって品が無く好ましい姿ではありません。



○うさぎ年(兎年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。


十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。


陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。


五行を加えた、うさぎ年(兎年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)うさぎ年年の火生まれの性格は、火の影響で陽に傾きやすい傾向があるため、明るい話題を好む傾向にあります。一般的にうさぎ年(兎年)の人は、おとなしい姿をしていますが、うさぎ年年の火生まれの性格は少し違います。行動的でもありまして、ぴょんぴょんとうさぎが飛んでいる様に、こっちにおいでよ!と思う心情を抱えやすくなります。元気な姿は、周りを温かくする力を持ち合わせています。

火の影響は、知識欲も高く、美的センスを輝かせる姿もありますが、神経質になりやすく、体力的には弱いため、疲れやすい姿も現れやすくなります。

(水)うさぎ年年の水生まれの性格は、水が様々な場所に流れる様に話術を使って世渡り上手です。あらゆる人と話しをしたい思いは、周りに人を集め、友達が多くなる可能性も高く持ち合わせています。

ただし、水は、冷たいと言うイメージがある様に、冷たい言葉で周りを引き寄せようとする思いも芽生えやすくなります。笑いを取るために影で人の悪口を言う様な姿です。

(木)うさぎ年年の木生まれの性格は、木は自然を現す様に花のある様な言葉を心がける思いが芽生えやすくなります。花のある言葉とは、美しさだけとは言い切れず、形容詞などの言葉を何かしら言葉に付け加えて、表現しようとする思いの様な姿です。

これも又ただし、木は枯れる要素の陰を多少なりとも持ち合わせています。伝える言葉が周りに理解されなかったり、言葉数多くなる事で自身が混乱してしまいかねないため注意も必要です。

(金)うさぎ年の金生まれの性格は、五行の中でも陰が最も強く、陰の影響を受けやすい姿を持ち合わせています。陰とは、頑固を現す姿を持ち合わせています。その結果、無理に話しを聞かせる姿が現れやすくなります。この陰は、弱さを現す場合もあります。気は、うさぎ年(兎年)の中でも最も気が弱く、その不安の中で人を求めたい思いが高まりやすくなるのです。


(土)うさぎ年の土生まれの性格は、陰と陽の性格を半分づつ持ち合わせている傾向になります。聞く耳も、話す思いも両方バランスよく持ち合わせています。火にしても、水にしても、木にしても、金にしても、全て、土の上で成り立っている姿でもありまして、人を傷つけない限り人に対する好き嫌いはほとんどありません。話しやすい相手として高い評価を受けるでしょう。

うさぎ年(兎年)の性格、特有の性格は隠しきれません。一人でいる姿や、一人で行動を起こす姿には不安を抱えやすい姿を持ち合わせています。うさぎ年の土生まれのバランスの良い感覚とは、うさぎ年の土生まれにとって、最も人を惹きつける武器なのかもしれません。

○うさぎ年(兎年)の性格判断のまとめ

うさぎ年(兎年)性格判断 まとめ

うさぎ年(兎年)は、不安を抱えやすい本能を持ち合わせています。一人でいる事に不安を抱えやすいため、人を集めて身を守るための手段を本能的に求めやすい傾向にあります。

一見、弱々しい姿ばかりに見えますが、実は、表面上は弱さを隠すために表面上を強く振る舞う姿も現れやすくなるのです。弱々しい姿は、周りからいじめられるかもしれませんよね。

うさぎ年(兎年)は、干支の半分上を陰、下半分を陽と分けた場合、丁度中間の位置となりまして、陰の要素と陽の要素が交互に現れやすい姿を持ち合わせています。反対の干支のとり年(酉年)も同じです。

うさぎ年(兎年)の性格判断とは、不安から現れる弱々しい姿としての陰か、強気を現す陽か、どちらかの傾向として現れやすい姿かもしれません。

うさぎ年(兎年)の人は、霊感の高い人が現れやすい傾向にあります。神経が高まりやすい時に、霊感は高まりやすく、様々な霊を憑依させる事で、他人の思いを感じる事もできる様になるためです。

うさぎ年(兎年)に霊感が高いのは、創造主がうさぎ年(兎年)へ送ったプレゼントかもしれません。話術に対する品もよく、人々のために役立ててくれる可能性もあるためです。又、霊感が高い事で、周りの人から関心を集め、人々を集める武器としての意味も持ち合わせているかもしれません。

この様な性格であるため、人を集める力を持ち合わせています。ただし、不安も抱えやすいため、中には引きこもりになりやすい姿も隠されています。社会はストレスで一杯です。良くも悪くも人間関係を意識してしまう姿は、様々なストレスを抱えやすい特徴もあるのです。

与えられる姿だけで人を評価するのでは無く、自身が好む人達の輪へ積極的に足を運ぶ努力も大切です。

反対の干支に当たるとり年(酉年)は、白黒の判断を行いたく、時には人を傷つける言葉や人を損ねる言動を放つ場合もあります。又、正解を導く議論の様な姿も好む傾向があります。うさぎ年(兎年)は、どちらかと言えば、品のある言葉を使って人を集める思いが現れやすくなるのです。 この姿がうさぎ年(兎年)と とり年(酉年)の陰陽の違いにおける相反する思いになるのです。この違いは、人を分ける分裂と、人を寄せ集める統合としての陰陽の差も持ち合わせています。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いとり年(酉年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断





→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?







他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング



静香 at 14:42|Permalinkコメント(0)



電話占いウィル ズバリと言い当てる霊感霊視・未来予知


干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談