とら年(寅年)の性格判断とは

とら年(寅年)の性格判断とは

とら年(寅年)の性格判断とは、とら年(寅年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

とら年(寅年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。

干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらのとら年(寅年)の性格判断を読まれると、なぜ、とらが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


とら年(寅年)は、よちよち歩きの赤ちゃんが前に進み、立ち上がった後、前へ進む努力を行う、うし年(丑年)の次の干支です。三番目に当たる干支になります。人の成長で現せば、3歳から4歳までの年齢を現している姿です。

3歳から4歳までの年齢は、一人で靴を履くごとができたり、普通に歩いたり、時には後ろに下がって歩ける様になります。ご飯も一人で食べる事ができる様にもなります。周りから注目をされやすく、喜んでくれる姿が現れやすくなります。周りから注目される姿に喜びが現れやすくなります。

とら年(寅年)の性格も同じく、人々から注目される姿を求めるエネルギーが現れやすくなるのです。

寅の字が当てられている理由は、私自身、あまりよく知りません。私なりに解釈をさせていただきたいと思います。

寅と言う字は、動く意味がありまして、動く姿には注目をされやすい姿があります。動物のトラも注目をされやすく、分かりやすく示すために動物のトラが当てられたと考える事もできます。

寅という字は、人が矢を射る時に、弓矢を伸ばす象形文字から現れたとされています。人が弓矢を伸ばす姿は、堂々とした姿として映る場合もあるでしょう。その堂々とした姿を現しているとも言えるのではないでしょうか。

ただし、寅という字には、つつしむと言う意味があります。つつしむ姿とは、目立ちたがり屋のとら年(寅年)とは相反する姿です。つつしむ姿こそ、人から注目をされるべき姿とも言えるかもしれません。皇族の様な振る舞いです。

とら年(寅年)の寅の意味には弓矢を伸ばす様に、伸びると言う意味があり、草木が伸び始める春を現す干支だとも言われています。花が咲き始める頃は、その姿に人々が注目し始める時期でもありまして、寅の時の意味には、注目と言う意味が隠されていると考える事ができるのではないでしょうか。


○とら年(寅年)の性格判断の基本的な特徴

とら(寅)
とら年(寅年)の性格判断とは、とらの様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

とら年(寅年)は、三番目に当たる干支になります。赤ちゃんがよちよちと歩く姿から、しっかりと立ち上がり、一人前に体を扱う事ができる様な姿です。

小さな体でありながら、動く姿は大人と変わらない姿であるため、様々な出来事に対して見て見て出来た!と言う喜びをより知る様な姿をしています。そのため、周りから注目を浴びる機会も多く、周りから注目をされる事に喜びを感じやすい干支になるのです。

実際の動物におきましても、とらは力強い姿をしていまして、周りから憧れる様な姿をしています。昔にいたっては、トラの皮をまとう事で力のある姿を誇示していました。現在に至っても、目立つためにヒョウ柄の服を好んで着用する人もいますよね。

自身が注目されるのを好む傾向があるため、ファッションなどにも興味を持ち合わせやすくなる傾向にあります。新しいアイテムは人を惹き付ける力があるため、新しい商品を手にいれたい思いも現れやすくなります。

注目されるためには、注目する人を必要としますよね。一人で行動すると言うよりは、注目してくれる気の合う仲間と行動している方が心が安心しやすい特徴などもあるかもしれません。

○とら年(寅年)性格に最適な職業の傾向

とら年(寅年)の職業


とら年(寅年)の人にとって、最も最適な仕事は、モデルや歌手などの職業になります。モデルや歌手などは、多くの人から注目をされる姿があります。ただし、多くの方が、その様な特殊のあるお仕事に就ける訳ではありません。

そのため、直接、人と接して注目される様な他の職業などもあります。女性であれば、受付のお仕事も良いでしょう。販売なども注目される可能性もあります。バーなどでのお仕事は、周りから注目されながらお仕事を行う事もできますよね。

とら年(寅年)のお仕事は、裏方のお仕事では無く、表に出て行う仕事を好む傾向にあるのです。

プログラマーなどは、肩書がかっこよく、専門学校などに通ってみるけど、実際に通って見ると、コツコツと裏方で行わなければならない姿に気づき、直ぐに辞めてしまう可能性も高まります。

実際のトラは、ただ、そこにいるだけで強い存在感を持ち合わせています。とら年(寅年)の人も、ただ、そこにいるだけで、強いオーラの様な存在感を漂わせる姿も持ち合わせているのです。


○とら年(寅年)の性格に現れやすい言動

とら年(寅年)の言動


とら年(寅年)の現れやすい言葉は、わかりません。注目されるための言葉とは、様々な言葉を投げかければ、何かしら反応がかえってくるためです。敢えて言えば、ねぇねぇ!これどう?など、自慢話が多くなる可能性もあります。

ブランド品を身に付けていれば、あたかも、それが見える様に振る舞う姿も現れやすくなるでしょう。

自分に意識が高まりやすくなるため、他人の事よりも自分に関わる様な話題に興味を抱きやすい特徴もあります。

この様に、体力的では無く、注目されるための力強い姿としての自身の姿を求める傾向が高いため、人を口でイジメたり、時には強い口調で言葉を発しやすくなります。

人一倍、輝かしい姿を求める傾向がありますが、とら年(寅年)の母親に至っては、子供に対して尽くす思いを強く持ち合わせています。子供は自分自身の分身でもありまして、周りが注目される様な子供を光輝く姿に育てたい思いを抱きやすくなるためです。

言動ではありませんが、態度や姿勢として上から目線や、肩を張って堂々とした姿が現れる傾向にもあるでしょう。

子供にとっては、様々な事に口を出してくる母親の姿に対して、重たいと思われるかもしれません。



○とら年(寅年)における相性とは

ねずみ年 相性

とら年の性格における干支の性格判断とは、干支が現す陰陽の姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、気が合わなくお互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、バランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば赤い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として青い三角で紹介させていただきます。


とら年(寅年)の良い相性とは、図でも現れている様に、うま年(午年)といぬ年(戌年)です。うま年(午年)は、深く考える姿が少なく、又自由意志が強く、自由気ままに振る舞いたい思いを持ち合わせている傾向にあります。とら年(寅年)も好きな様に振る舞いたい思いが強く、お互い、その点で共感し合う思いが芽生えやすくなります。


いぬ年(戌年)にも共通して好む姿あります。それは、態度や思いは違いますが、お互い人と接する姿を好む傾向にあります。いぬ年(戌年)の人は、一つに尽くす思いが高まりやすい傾向にあります。とら年(寅年)の人が振る舞うファッションや、輝かせようとする思いは、人のために行っていると勘違いするかもしれません。

とら年(寅年)の相性が悪いのは、反対の干支にあたる さる年(申年)、たつ年(辰年)、ねずみ年(子年)です。

さる年(申年)は、人を扱う、人をコントロールしている姿を見たい傾向にあります。そのためには、高い権威がある社長などの姿に憧れる傾向にあります。陰陽干支で言えば、見られたい思いと、人をコントロールする姿を見たい思いの相反する陰陽の力が働いています。人の奪い合いが生まれ、もちろん気が合う訳がありません。

たつ年(辰年)は、さる年(申年)と同じく高い位置を好む傾向にあります。さる年(申年)も高い位置を好む傾向にありますが、表立って目立ちたい思いはありません。たつ年(辰年)と とら年(寅年)は、同じ人から力のある姿を見られたい思いを持ち合わせやすくなるのです。

たつ年(辰年)と とら年(寅年)の違いは、たつ年(辰年)は、実際に高い位置を好みます。とら年(寅年)は、人から輝いて見えるのであれば、それほど高い位置に興味を抱く事はありません。

さる年(申年)とたつ年(辰年)の関係は、社長と所属事務所に所属されているトップを狙うタレントの様な姿です。そのため、気が合うのです。

さる年(申年)と とら年(寅年)の関係は、どちらが、人を多く集めているのかの違いが現れ、反発する力が現れやすくなるため、相性が悪くなります。

ねずみ年(子年)は、小さな命であるため、それを守るためのお金を貯めるのが大好きです。ファションなどにお金を投資する姿に理解を得る事ができません。ねずみ年(子)が貯めたお金を、好き勝手に使ってしまう可能性もありますよね。とら年(寅年)は、力強い姿を示すために、力のあるきつい言葉を投げかける場合も現れやすくなります。小さな命にとっては、その言葉は心に傷がついてしまいやすくもなります。


○とら年(寅年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行


干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。

陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。

本来の干支は、12では無く、十二支では無く、五行を合わせた60の性格になるのです。60歳になれば、一周を現す還暦と言う言葉もあります。

五行を加えた、ねずみ年(子年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)とら年の火生まれの性格は、とらの中でも最も陽が強く、抑える陰の力が弱いため、輝く姿を強く求める傾向にあります。借金をしてでも、ファションにお金をかける傾向が高まりやすくなるでしょう。火の影響から、他の人の方が輝く姿があれば、嫉妬や不満を抱えやすい姿も現れやすくなります。

(水)とら年の水生まれの性格は、水の性質が現れやすくなります。水の性質は、陰と陽の性質を含んでいますが、冷たいイメージもある事から陰の要素が少し傾いている傾向にある姿です。冷静さを持ち合わせながら、行動を取る事ができます。水は多くの生命に欠かせません。そのため、人の心を把握して、どの様にすれば、人の関心を集める事ができるのかを知る力があります。

水は様々な場所に流れる性質もあり、世渡り上手の中で、自分の輝かせる場所を見つける事ができる性格です。


(木)とら年の木生まれの性格は、木は高く成長する姿がある様に、高い位置を好みます。動物のとらが、高い崖にいる様な姿です。木は、実をつけ、動物に命を与える力を持ち合わせています。とら年の木生まれの性格を分かりやすくイメージするのであれば、まさにそれは、王様の様な姿と言っても過言ではありません。


(金)とら年の金生まれの性格は、五行の中でも最も陰の要素が強い鉱物の性格です。黄金の様に輝く金を現しているのでは無く、金属の固い金を現している姿です。人を惹き付けるファッションとは、光り輝く姿ばかりではありません。ダークな姿も人を惹き付ける姿を持ち合わせています。陰の要素がとても強いため、力のある悪魔と呼ばれる様な姿を求めやすくなるでしょう。


(土)とら年の土生まれの性格は、陰と陽の性格を半分づつ持ち合わせている傾向になります。一般的に五行における土生まれは、陰と陽が半分であるため、普通、取り柄がない、など、によって表現されやすくなります。ただし、とら年の土生まれの性格は、違います。陰とは、黒い、陽とは白いと現す事ができまして、白と黒は、あらゆる色と調和をする力を持ち合わせているのです。

とら年の土生まれの性格は、バランス感覚を持ち合わせているため、ファション的バランス感覚も良く、他のとら年よりも多くのあらゆる人を集める可能性を持ち合わせています。とら年の中でも、最も、心を満たしやすい性格の持ち主なのです。



○とら年(寅年)の性格判断のまとめ

とら年(寅年)性格判断 まとめ

とら年(寅年)は、人から注目をされるのを好む傾向があります。注目されるためには、人と違った姿を求めなければなりません。

とら年(寅年)の相性が悪い性格は、三角で現している姿意外にも、うし年(丑年)との性格も悪いと言われる場合もあります。特に、悪いのは、兄弟におきまして、兄や姉にうし年(丑年)、弟や妹にとら年(寅)がいる場合です。更に言えば、同性であれば、より相性は悪くなります。

うし年(丑年)は、こつこつと前へ歩む傾向を持ち合わせています。努力を行う事で、実をつけ、それが周りから評価されやすくなるのです。弟や妹、とら年(寅年)にとっては、周りからの注目を兄や姉に奪われている姿になります。嫉妬を抱えやすくなるのです。

人から注目をされるのを好む傾向とは、注目するための人を必要とする姿も現れやすくなります。一般的に、仲間と共に行動をする傾向が高まりやすくなりますが、中には、一人で行動をする事を好む場合もあります。一人で行動するに至っては、自身のファッション姿を周りから見らていると言う様な、勘違いにおける錯覚から快感を感じる場合もあるためです。

あくまでも傾向として、とら年(寅年)の人は深く考える事を好みません。深く考え過ぎれば、行動を引き起こす事ができなくなりまして、自分の姿を世間に示す事ができなくなってしまうためです。

とら年(寅年)の性格とは、良くも悪くも、何かしらの漫画の主人公で描かれている表現が現れやすくなります。

主人公とは、正に注目をされる存在です。注目される姿には、何かしら秀でた姿を持ち合わせています。深く考える事が無いため、様々なトラブルに遭い、物語が発展する姿もよくあります。分かりやすく言えば、ピーターパンの様な性格の持ち主です。

ファッションに気を配りやすいため、最低、一つや二つは、ブランド品を持ち合わせている姿もよく現れやすくなります。

反対の干支に当たるさる年(申年)は、人を指図するのを好む傾向があります。とら年(寅年)は、人から指図されるのを嫌がる傾向にあります。指図する人に、人々の意識が奪われる思いと自身の魅力を損ねさせてしまうためです。 この姿がとら年(寅年)と さる年(申年)の陰陽の違いにおける相反する思いになるのです。人々からの注目を、奪う、奪われるの陰陽の違いと呼べるかもしれません。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪いさる年(さる年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断





→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?







他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング



静香 at 14:43|Permalinkコメント(0)



電話占いウィル ズバリと言い当てる霊感霊視・未来予知


干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談



干支の性格、いのしし年の性格情報

いのしし年 性格