さる年(申年)の性格判断とは

さる年(申年)の性格判断とは

さる年(申年)の性格判断とは、さる年(申年)を語る前に、干支の字の本来の姿をご存知でしょうか。干支の字の干は一と言う字と十の字でできています。一とは少ないの陰を現し、十は多いの陽を現していまして、支は、支店と言う字がある様に、分けると言う意味があります。干支は、動物の姿を現した姿では無く、一と十を分けた陰陽と言っている字なのです。

このブログのタイトルになっています、”陰陽干支”と呼ぶのが最も正しい姿です。干支の事を”陰陽干支”と覚えていただければと思います。

さる年(申年)を初め、干支とは動物を現している姿では無く、陰陽を分かりやすく、イメージとして伝えるために選ばれたのが干支の動物達です。昔の人が、好き勝手に選んだ動物ではありません。


干支の本当の姿は、別のページでより良く紹介していますので、初めて、このページを訪れた方は、干支の性格判断、本当の真実をご覧になられてから、こちらの さる年(申年)の性格判断を読まれるとなぜ さるが選ばれたのかをより良く分かるかもしれません。 ご興味のある方は、ぜひ、一度、足を運んでみてください。


干支の本当の意味における真実とは


さる年(申年)は、太陽が欠け始めて不安を抱きやすい、ひつじ年(未年)の次の干支である、9番目の干支です。人の成長で現すならば、リーダーとしての権威や権力に憧れ、組織が成り立ちやすい、小学3年生、8歳から9歳辺りの年齢を現した様な性格です。リーダが現れやすく、仲の良いグループがよりはっきりと現れやすくなります。

さる年(申)の申と言う字の由来は様々あります。干支は様々な姿に例える事ができまして、農業の成長にも例える事ができるため、食物が伸びる姿を現した文字だとも言われています。

ここでは、私は、干支の動物との関連性を重視して説明しているため、選ばれた動物達との関連性を重視して説明したいと思います。

申と言う字は、申(もう)すと言う意味があります。下の物が上の物へ何かしら助言を求めたりする姿です。そこには、上の物に対して、権力や権威のある姿が隠されています。

農業で言えば、刈り時が始まる頃になるため、人に指示をして人を集めようとする様なイメージです。

さる年(申年)は、下の物から様々な意見を聞く中で、下の物に指示を与え、コントロールをしたい思いが芽生えやすくなる姿があるのです。



○さる年(申年)の性格判断の基本的な特徴

さる(申)
さる年(申年)の性格判断とは、動物の猿の様なエネルギーを浴びながら、基本的な性格が形成される姿になります。

動物の猿は、ボス猿を中心に組織を形成します。動物の猿に近い人も、社会でピラミッド型の組織を形成して成り立っている場合がほとんどです。

頂上に憧れる干支とは、とら年(寅年)や、たつ年(辰年)とり年(酉年)があります。その違いについて少し触れさせていただきます。

とら年(寅年)は、みんなから注目されるための頂上です。

たつ年(辰年)は、頂上へ歩む過程です。歩む姿に意義を感じます。マラソンランナーの様な姿です。

とり年(酉年)は、白黒をはっきりとさせたい思いが抱きやすくなります。高い位置からだと、全体を見渡し、白黒の判断がより明確に付きやすくなるためです。

さる年(申年)が憧れる頂上は、人を指示してコントロールするための手段としての頂点です。形だけの頂点に憧れる事はありません。実際に形だけの会長や天下りなどには不満を抱く可能性も高まります。

人を指示してコントロールするためには、知恵を持ち合わせておかなければなりません。知恵があるからこそ、周りの人から信頼され、人々が集まり、指示を受けてその人の指示で動こうとするのです。

そのため、人をコントロール手段を得るために、さる年(申年)の人は、知識欲が強く秀才になりやすい姿があります。

私達の体は、さる年(申年)のエネルギーを持ち合わせています。体と精神は、陰陽の関係でありまして、体は精神に影響を与えます。そのため、全ての人が、精神に対して、さる年(申年)の影響を受けているのです。

多少なりとも、多くの人は、さる年(申年)の持つエネルギーが現れやすくなります。さる年(申年)の人に至っては、そのエネルギーが強く現れる姿を持ち合わせているのです。

多くの人が、社長に憧れる姿や人に指示をしたい思いを多少なりとも持ち合わせているのではないでしょうか。

○さる年(申年)の性格に最適な職業の傾向

さる年(申年)の職業


さる年(申年)の最適な職業は、社長などを初め、権威や権利、権力を持ち合わせて人に指示ができる職業です。リーダーを必要とする組織などでも力を発揮させてくれるでしょう。

逆に言えば、指示される姿には不満を抱えやすい可能性が高まります。この不満は、同じ立場の人間に対していじめなどを引き起こしてしまう可能性もあるため注意も必要です。

権威や権利とは、周りから信頼をされてこそ、その姿を維持する事ができます。そのためには、コミュニケーション能力が良くなければなりません。頭の回転も早いため、営業職などの仕事にも向いています。

さる年(申年)の人は、冷たい様なイメージがありますが、冷たいイメージばかりではありません。健全な権威を作り上げて組織を維持するためには、必要な人物だと思われなければなりません。必要な人物だと思われなければ、人々は離れて行きまして、組織が崩壊してしまう可能性も高まります。

この様な事から、政治家などの職業もお勧めと言えるかもしれません。

さる年(申年)の人は、必要な人物だと思われるために、下の物に喜びを与える思いも芽生えやすくなるのです。

さる年(申年)の人にとって最適な職業は、他にも芸能人、お笑い芸人、知識を活かせる記者など人々に目で見て分かる貢献している様々な職業が挙げれます。



○さる年(申年)の性格に現れやすい言動

さる年(申年)の言動



さる年(申年)の人は、立場によってその言動に違いが現れやすくなります。権力に憧れる傾向がありますが、実際に権力を持ち合わせていない場合と、権力を持ち合わせている場合に違いが現れるためです。

人に対して指示ができない、権力を持ち合わせいない場合は、置かれている環境に対して不満を現す様な言動が現れやすくなります。逆に、権力を手に入れている場合は、その安心感から、聞く耳を持ちながら、しっかりと受け答えが行える言動が現れやすくなります。


さる年(申年)の人は、頭も賢くなる傾向もあるため、人に対してアドバイスをする様な言動が現れやすくなります。実は、このアドバイスは、人のためにアドバイスをしていると言うよりも、潜在的に自分の発現によって、人をコントロールできている満足感が隠されている場合もあります。

アドバイスにおいては、頑固にアドバイスを押し通す事はありません。無理に押し通せば、人が離れてしまう可能性も高まるためです。人が離れれば、もちろん、人に対しての権威が失われ、アドバイスすら出来なくなってしまいます。この点においては、さる年(申年)の性格は、巧みに知り尽くしているのです。

人間関係を大切にする様な言動が、さる年(申年)の人には現れやすい言動と言えるでしょう。


○さる年(申年)における相性とは

ねずみ年 相性

さる年の性格における干支の性格判断とは、干支が現す陰陽の姿です。実は、この相性に対する考えも、陰としての考え方と、陽としての考え方があります。お互い気の合う相性と、気が合わなくお互い足りない要素を補う事が良い相性です。本来、陰陽の考え方は、バランスを大切にします。そのため、本来であれば、お互い足りない要素を補う事が良い相性として紹介するのが望ましいのですが 上の図で言えば青い三角になります。

一般的に、人は快感を求める中で、お互い気の合う相性に意識が集まり、お互い気の合う相性を重要視しています。そのため、ここで紹介する内容も、お互い気の合う相性として赤い三角で紹介させていただきます。


さる年(申年)の良い相性とは、図でも現れている様に、ねずみ年(子年)と たつ年(辰年)です。ねずみ年(子年)は、命を守るためのお金が大好きです。さる年(申年)が憧れる権威先や権力先には、お金が付いてくる場合も多くあります。目的は違っても共に歩んで行く事ができます。

たつ年(辰年)も上を目指す意味では、同じ様な目的を抱えやすくなりますが、求める姿に違いが現れやすくなります。タレント事務所の社長をさる年(申年)とするならば、たつ年(辰年)は、実際にトップを目指すタレントの様な姿です。

たつ年(辰年)は、真っ直ぐと突き進む思いが強く現れやすいため、さる年(申年)にとっては、コントロールしやすく、お互い良きパートナーとなりやすい姿が隠されています。

さる年(申年)の相性が悪いのは、反対の干支になる、とら年(寅年)、うま年(午年)、いぬ年(戌年)です。

とら年(寅年)も、さる年(申年)と同じく、人から注目されやすい権威などの姿に憧れる傾向にあります。お互い競合が起きやすくなるのです。さる年(申年)は頭が賢い一面を持ち合わせていますが、とら年(寅年)は目立つためにはそれほど深く考える事は致しません。チャラい男に対して、まとめ役の社長が、あれこれと命令をする様な姿です。何かしらの問題を起こす可能性もあります。問題を起こす事で注目されたい思いも持ち合わせているかもしれません。

自分の思い通りに動いてくれない、とら年(寅年)に嫌気をさす場合も起きやすくなるのです。

うま年(午年)も同じく、正午と言う字にも扱われている様に、太陽の様な心のエネルギーを持ち合わせている、うま年(午年)は、好き勝手に行動を取る姿が現れやすくなります。自由精神を持ち合わせている意味では、良い意味として見られますが、もちろん、さる年(申年)の命令を無視する姿は、さる年(申年)にとっては我慢できない姿です。


いぬ年(戌年)は、人に尽くす事が大切です。そして、平和主義の持ち主です。平和とは、平らな姿を持ち合わせています。ピラミッド型の組織の頂上を求めるさる年(申年)とは、相反する姿でもありまして、相性が合うはずはありません。




○さる年(申年)の性格判断、陰陽五行

陰陽五行



干支における陰陽五行とは、十二支の干支にそれぞれ、火、水、木、金、土の属性がついた姿です。本来の干支は、十二支では無く、五行を加えた、六十の姿です。還暦と言う言葉は、ここから来ています。この五行は、陰と陽とだけで成り立っていますが、陰に傾きやすい、陽に傾きやすい、若しくは、陰と陽が半分ずつと言う様な性質があります。

陰陽五行については、別のページで分かりやすく紹介していますが、ここでは簡単な説明としまして、陰陽のみでできた五行と言う物がありまして、五行とは、火、水、木、金 土の五つです。更に、この五つを陰陽に分けた十干と言うものもあります。

十干とは、火の陽、火の陰 と言う様な表現です。火の中でも陽に傾いている火もあれば、陰に傾いている火もある姿を現しています。実際に光の強い火もあれば、暗い姿をした火もありますよね。五行の中の陽を兄と呼び、陰を弟と呼んでいます。火兄や、火弟、水兄、水弟の様な表現になります。えとの名前は、兄(え)弟(と)から名付けられていると言われる場合もあります。十干で現すと、話しが細かくややこしくなるため、ここでは五行のみで割愛させていただきます。

陽とは、興奮させる力、陰とは抑制させる力と考えていただければ、分かりやすいかもしれません。

ここでは、年齢早見表は紹介しきれませんので、自身の干支がどの様な五行なのかは、こちらの年齢早見表で確認してください。



五行を加えた、さる年(申年)の性格判断を紹介させていただきます。

(火)さる年の火生まれの性格は、火の陽の影響によって、攻撃的な性格になりやすい姿があります。ドラえもんで例えるならば、人に指図をするジャイアンの様な姿です。もちろん、指図をされるのは嫌いであるため、ワンマン社長の様な姿になりやすい特徴があります。

ただし、行動力がさる年(申年)の中でも最も強く、周りから信頼をされやすい姿も隠されています。



(水)さる年の水生まれの性格は、水の性質が現れやすくなります。水は冷静などの姿を持ち合わせています。冷静に物事を考える力があります。水は、多くの生命に必要な成分です。人付き合いも良く、水は、固まったり、柔らかくなったり、蒸発したりと様々な姿に変化します。臨機応変に対応する事ができまして、上手く人を操る姿にも長けています。

ただし、水は冷たいイメージがありまして、冷たい言葉を使って人を操る思いも芽生えやすくなるでしょう。

(木)さる年の木生まれの性格は、木の特徴である高いや創造などを現す性質を持ち合わせています。木は高く、創造を現す象徴です。会社の社長であれば、会社を大きく育てる力を持ち合わせています。

木は、実をつけ、様々な動物に命を与える力も持ち合わせています。さる年の木生まれの性格は、下の物に対して、働きを与える力を持ち合わせています。

組織の頂点に立つのであれば、最も、さる年の木生まれの性格があるべき姿と言えるでしょう。さる年の中でも、最も思いを満たしやすい姿を持ち合わせています。上の物が、下の物に良い働きを与えれば、下の物は、上の物に対してより良く働く姿が現れやすくなるためです。


(金)さる年の金生まれの性格は、五行の中でも最も陰の要素が強い鉱物の性格です。そのため、さる年の金生まれの性格は、自分の主張に変化が現れにくくなる可能性も高まります。火生まれの様に、ドラえもんのジャイアンの様な姿になりやすい可能性があります。

ただし、火の要素と、金の要素は、火は陽が強く、金は陰が強い傾向にあります。外向的なジャイアンと、内向的なジャイアンの違いと呼べるかもしれません。

率先して行動を起こすのでは無く、周りの様子を確認してから、確実に行動を起こしやすくなります。周りの人達が、効果のある姿を実感しているのであれば、それを取り入れようと考える様な姿です。


(土)さる年の土生まれの性格は、陰と陽の性格を半分づつ持ち合わせている傾向になります。この土は、大地を繁栄させる陽と、建物などに使われる固い土としての陰です。一般的に、土生まれの性格は、真面目になりやすい特徴があります。

一般的に見られる様な、無難の無い社長の様な姿です。ただし、大地や建物とは、大きな姿を持ち合わせています。さる年の土生まれの性格は、視野が広く、柔軟な考え方を持ち合わせやすくなります。




○さる年(申年)の性格判断のまとめ

さる年(申年)性格判断 まとめ

さる年(申年)は、人を使う事を好む傾向にある性格です。人に行動を与えるためには、権威や権力を手にしなければなりません。そのためには、周りから信頼をされるために知識を集め秀でた姿になる必要性もあります。そのため、さる年(申年)は頭が賢くなりやすい特徴があります。


さる年(申年)のお母さんは、子離れができなくなる可能性も高まります。あれこれと、子供に指示を与えて成長をさせて来た姿から、子供に関わりをもてなくなる不安を抱きやすくなるためです。

自身に関わりの無い人に対しては、関わりのある人に対して悪口を言う姿も現れやすくなります。同じ情報を共有し合う姿は、組織が現れやすくなるためです。組織が生まれれば、自身が上の立場に立てる状態を作り出しやすくもなります。又、悪口と言うのは、逆に言えば、発現をしている人の価値が高い事を潜在的に言っている姿でもあります。価値を高める事で、上の立場としての満足感を得る姿が、悪口の中には隠されています。

さる年(申年)は、人を使う事を好む傾向にありますが、人が嫌がる行為は、人を遠ざけてしまうためその点はよりよく熟知しています。そのため、嫌われる様な存在ではありません。人との繋がりを求める傾向も高いため、どの様にすれば人と繋がりが持てるのかを考えやすい姿もあります。

最も、人間らしい姿を持ち合わせているのが、さる年(申年)の性格判断になります。


反対の干支である、とら年(寅年)は、実際に人の目によって注目されるのを好む傾向にあります。さる年(申年)は、注目されるよりも、実際に人に指示を与え、人の注意を他の場所に向けさす思いが現れやすい傾向にあります。人々の注意を自身に向けさす、人々の注意を外に向けさす、この様な反対の干支としての陰陽の差があります。


私がここで語っている干支の性格判断と相性は、気が合う相性です。本来、陰陽は、足りない要素を補って、男性と女性の様にお互い足りない要素を補い合うのが大切と言われています。

生まれてくる目的を考えれば、相性が悪い相手こそ、反面教師としまして様々な事を学び相性が良いと判断する事もできます。そのため、相性の悪い とら年(寅年)から、様々な事を学び、自身の足りない要素を補う思いを学ぶのも大切です。


追記、陰陽干支の仕組みで考えれば、干支の性格が強く現れる人(陽)もいれば、弱く現れる(陰)人もいるかもしれません。干支の性格を信じる人(陽)もいれば、信じない人(陰)もいるのも、陰陽が作り出した結果である可能性もあります。

干支の性格判断は、信じる人だけがご参考にしていただければと思います。信じない人にいくら説いても、光がある場所に必ず影がある様に、信じない人(陰)は、信じる人(陽)の影かもしれないためです。


干支の性格判断は、差が分かれば分かるほど、その性格が明確に見えて来る場合もあります。そのため、学校の先生の中には、子供達の干支の性格を把握した中で、接し方を変えたり、企業の中には、干支の性格判断を元に、適材適所に人材を配置されている場合もあるのです。

子供達の親御さんであれば、子育ての参考資料とする事もできるのではないでしょうか。


○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。





恋愛の知識、子育てもお勧め!


◎ 女性心理と男性心理の基本的な違い



干支の本当の意味における真実とは


陰陽五行 年代早見表 



ねずみ年(子年)の性格判断


うし年(丑年)の性格判断


とら年(寅年)の性格判断


うさぎ年(兎年)の性格判断


たつ年(辰年)の性格判断


へび年(巳年)の性格判断


うま年(午年)の性格判断


ひつじ年(未年)の性格判断


さる年(申年)の性格判断


とり年(酉年)の性格判断


いぬ年(戌年)の性格判断


いのしし年(亥、猪年)の性格判断





→◎一度、霊視による相談を受けてみたい方へのお勧め記事! 力のある先生ほど、電話で相談に応じられている理由とは?







他の情報も参考にしたい人にお勧め!!

その他・全般ランキング




他の干支のリンク

○私自身、過去に霊感占い師として活動していました。現在は、WEBデザイナーとして活動させていただいています。ここでの内容は、霊感を得ながら翻訳する様な形で文章を書かせていただいています。自動書記の様な状態です。私自身、え?そうなんだ!と思われる事もしばしばあります。

下記のリンク先も同じ様な状態で書かせていただいています。恋愛にかかわる内容なども書かせていただいていますので、以下のリンク先にもご参考にしていただければ幸いです。

静香 at 14:34|Permalinkコメント(0)



電話占いウィル ズバリと言い当てる霊感霊視・未来予知


干支よりも当たる霊視!
東京で当たると評判の高い!霊視相談

大阪で当たると評判の高い!霊視相談

(横浜)神奈川で当たると評判の高い!霊視相談

(名古屋)愛知で当たると評判の高い!霊視相談

福岡で当たると評判の高い!霊視相談

広島で当たると評判の高い!霊視相談

(仙台)宮城で当たると評判の高い!霊視相談

札幌で当たると評判の高い!霊視相談

青森で当たると評判の高い!霊視相談

秋田で当たると評判の高い!霊視相談

岩手で当たると評判の高い!霊視相談

福島で当たると評判の高い!霊視相談

山形で当たると評判の高い!霊視相談

(水戸)茨城で当たると評判の高い!霊視相談

埼玉で当たると評判の高い!霊視相談

千葉で当たると評判の高い!霊視相談

(前橋、高崎)群馬で当たると評判の高い!霊視相談

(宇都宮)栃木で当たると評判の高い!霊視相談

新潟で当たると評判の高い!霊視相談

富山で当たると評判の高い!霊視相談

長野で当たると評判の高い!霊視相談

(甲府)山梨で当たると評判の高い!霊視相談

(金沢)石川で当たると評判の高い!霊視相談

福井で当たると評判の高い!霊視相談

岐阜で当たると評判の高い!霊視相談

静岡で当たると評判の高い!霊視相談

(四日市、津)三重で当たると評判の高い!霊視相談

(大津)滋賀で当たると評判の高い!霊視相談

京都で当たると評判の高い!霊視相談

奈良で当たると評判の高い!霊視相談

和歌山で当たると評判の高い!霊視相談

(神戸)兵庫で当たると評判の高い!霊視相談

岡山で当たると評判の高い!霊視相談

鳥取で当たると評判の高い!霊視相談

島根で当たると評判の高い!霊視相談

(下関)山口で当たると評判の高い!霊視相談

(高松)香川で当たると評判の高い!霊視相談

徳島で当たると評判の高い!霊視相談

(松山)愛媛で当たると評判の高い!霊視相談

高知で当たると評判の高い!霊視相談

佐賀で当たると評判の高い!霊視相談

大分で当たると評判の高い!霊視相談

長崎で当たると評判の高い!霊視相談

熊本で当たると評判の高い!霊視相談

宮城で当たると評判の高い!霊視相談

鹿児島で当たると評判の高い!霊視相談

(那覇)沖縄で当たると評判の高い!霊視相談